運動・トレーニング

アシックス、スマートシューズ「EVORIDE ORPHE」をクラウドファンディングサイトで先行予約販売を開始

2020.07.22 11:26 更新

 アシックスは、マクアケが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で、足の動きをデータ化するセンシングソリューション「ORPHE TRACK(オルフェトラック)」などを開発するスタートアップ企業のno new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)と共同開発したスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」の先行予約販売を開始する。

 クラウドファンディング期間は7月21日から10月18日までを予定しており、製品は11月以降に順次届ける。

 また今年12月からは、アシックスの一部直営店およびアシックスオンラインストアでの販売を計画している。

 「EVORIDE ORPHE」は、履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化し、一人ひとりの走り方の特徴を可視化することで、目標達成をサポートするシューズとのこと。ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)の内部に搭載したセンサによって走行中の距離、ラップタイム、ペース、ストライド、ピッチ、着地エリア・時間、接地の角度、着地衝撃などのデータを取得し、それらのデータとアシックススポーツ工学研究所のバイオメカニクスに関する長年の知見を組み合わせ、脚と足元にフォーカスした5項目で走り方を評価したスコアを算出する。

 ランナーの足運びの特徴や改善すべきポイントを可視化するほか、自分だけのコーチのように、その特徴に応じて一人ひとりにパーソナライズされたアドバイスやおすすめのトレーニングメニューを提供する。ランニング中にリアルタイムで音声コーチングを受けることも可能となっている。

 ベースとなるシューズには、ランナーの走行時のエネルギー消費を抑えながら、足を前に運ぶ“走行効率”を高める機能構造を有したランニングシューズ「EVORIDE(エボライド)」を採用しているとのこと。靴底前部にカーブを設けた「GUIDESOLE(ガイドソール)」を採用することで、少ないエネルギーで足を前に運べるようにしたのが特徴で、着地時のやわらかな感覚とともに、快適な足運びを体感できる。

 自身の走り方を客観的に知ることは、パフォーマンス向上のみならず怪我の防止の観点からも重要だ。「EVORIDE ORPHE」は、各ランナーの現状に合わせてパーソナライズされたトレーニングを可能にする。同社が長年つちかってきた知見およびデータと、先進的なセンシング技術を掛け合わせ、プロダクトとサービスの両面から、さまざまなレベルのランナーの充実したランニングライフを後押しする。

[小売価格]
Makuake特別特価
 センサキット付き:3万1500円
 センサキットなし:1万1500円
 ※早期購入割引や複数購入割引などがある。詳細は「Makuake」の プロジェクトページを確認
アシックス直営店およびアシックスオンラインストア
 センサキット付き:3万3000円
 センサキットなし:1万2000円
(すべて税別)
[発売日]
クラウドファンディング:7月22日(水)
直営店およびオンラインストア:12月

アシックス=https://www.asics.com/jp/ja-jp/


このページの先頭へ