運動・トレーニング

アシックス、飛沫の拡散を抑えながら快適な呼吸を追求したランナー向けマスク「ASICS RUNNERS FACE COVER」を開発

2020.07.30 16:52 更新

 アシックスは、飛沫の拡散を抑えながら快適な呼吸ができるよう独自のテクノロジーを搭載したランナー向けマスク「ASICS RUNNERS FACE COVER(アシックスランナーズフェイスカバー)」を開発した。9月中旬からアシックス直営店、アシックスオンラインストアなどで発売する予定となっている。

 今回のマスクは、ランナーが快適に呼吸しながら自身が持つパフォーマンスを最大限に発揮できるよう、独自の技術を盛り込み設計したのが特徴とのこと。新しい生活様式を実践しながら、いかに安全に走るかが懸念されている、というアシックスの調査結果に基づき、アシックススポーツ工学研究所でランニング中における呼吸の量や頻度、飛沫の距離などを研究、分析して開発した。

 主な特徴は、呼吸がしやすいよう、マスク本体と口との間に適度な空間をもたせた立体設計となっている。また、マスク本体を2層構造とし、トップレイヤー(外層)は、マスク内にこもった熱気を吸収し乾燥させることで不快なムレ感を軽減。ボトムレイヤー(内層)は、マスク下部にメッシュ素材を配し、呼気を下方に排出する構造にすることで、飛沫の拡散を抑制しながらマスク内の通気性を追求した。トップレイヤーには、リサイクルポリエステルを約31%配合した、抗菌加工を施した速乾性に優れた素材を採用している。マスクの両サイドのゴム紐を後頭部で止め、ドローコードで調整する仕様にすることで優れたフィット性を追求した。

 アシックススポーツ工学研究所の実験では、走行中に「ASICS RUNNERS FACE COVER」を着用していても、マスクをつけていないと感じるような優れた通気性と快適性があることが確認できたとのこと。これは、ランナーが早いスピードで走っても、パフォーマンスを阻害することなく走行が継続できるということを示している(運動習慣のある一般健常男性における「ASICS RUNNERS FACE COVER」と「一般的な不織布マスク」を使用した比較実験。実験結果に比べて、AT(無酸素性代謝閾値)ペースを下回る速度だけでなく、それを上回る速度においても、「ASICS RUNNERS FACE COVER」の方が、「一般的な不織布マスク」に比べて優れた通気性と快適性があることが確認できた(主観評価データ))。

[小売価格]3800円(税別)
[発売日]9月中旬

アシックス=https://corp.asics.com/jp/


このページの先頭へ