運動・トレーニング

アシックス、東京2020オリンピック競技大会公式ライセンス商品「EDO MOJI PACK」11品番を発売

2020.07.28 12:02 更新

 アシックスは、縁起をかつぐ「江戸文字」をあしらった東京2020オリンピック競技大会公式ライセンス商品「EDO MOJI PACK(江戸文字パック)」11品番を、7月22日からアシックス直営店各店、アシックスオンラインストアで発売した。

 同商品は、客が集まり繁盛する様子を表現した「寄席文字」や、文字を個性的に視覚化した「角字(かくじ)」といった「江戸文字」にインスピレーションを得てグラフィック化したのが特徴とのこと。東京2020大会で使用される競技場周辺の地名・駅名である「国立競技場」「日比谷」「新豊洲」など12種類のグラフィックを作成し、各アイテム全体にちりばめている。いずれもブラックをベースとしたシックなデザインで、シューズにはゴールドのレザーパッチやエンボス加工などを施すことで独特な気品を持たせた。

 ランニングシューズやタウンユース向けのスポーツスタイルシューズ計6品番をはじめ、Tシャツやキャップ、タオル、トートバッグなどを用意しており、すべてのアイテムに東京2020オリンピックエンブレムを付けている。

 江戸で広まったこれらの文字は、自分たちの時代に誇りを持ちながら、愛する芸能や演芸の「大入り」を祈願したり、あえて読みにくくするのを「通」「粋」ととらえたりする遊び心が込められている。

 江戸の伝統や芸術を現代のファッションに落とし込み、連綿と受け継がれている東京のカルチャーをモダンに表現することで、日本や東京をより親身に感じて欲しいとの思いから企画した。

[小売価格]
シューズ:1万5000円~2万円
アパレル:2000円~4200円
(すべて税別)
[発売日]7月22日(水)

アシックス=https://www.asics.com/jp/ja-jp/


このページの先頭へ