運動・トレーニング

リーボック、「BRAIN DEAD」とコラボした「Reebok×BRAIN DEAD CL LEATHER MU」を発売

2020.06.22 21:05 更新

 グローバルフィットネスブランドのリーボックは、LAを拠点に人気を集めるストリートウェアブランド「BRAIN DEAD(ブレインデッド)」と、リーボックのアイコニックモデルの一つである「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」とコラボレーションした「Reebok×BRAIN DEAD CL LEATHER MU(リーボック×ブレインデッド クラシックレザー MU)」を6月26日に発売する。

 LAを拠点に活動しているクリエイティブ集団であり、ストリートウェアブランドとしても人気急上昇中の「BRAIN DEAD」とのコラボレーションが実現した。「BRAIN DEAD」は、ポストパンク、スケートボード、アンダーグラウンドコミックなど様々なカルチャーからインスピレーションを受け、破壊的なグラフィックで注目を集めているブランドとのこと。コラボレーションモデルのベースには、1983年にランニングシューズとして登場し、今やリーボックのアイコンモデルのひとつとして知られるようになった「CLASSIC LEATHER」を採用した。スエード地と目の粗いメッシュという異素材を組み合わせたアッパーが印象的なデザインとなっている。アクセントとしてシュータンのトリム(縁部分)とヒールにさりげなく配した淡いパープルのカラーや、起毛素材のシューレースが特徴的で、遊び心がありながらも、上品で統一感のある一足に仕上がっている。

 シュータンの部分には、横顔のシルエットを表す「BRAIN DEAD」のロゴと、リーボックの80年代の代表的なロゴ「スタークレスト」をミックスしたコラボレーションロゴが施されており、サイドとヒールにもユニークなフォントで「BRAIN DEAD」の文字があしらわれているのがポイントとのこと。

 「BRAIN DEAD」は、デザイナーのKYLE NG(カイル・イン)によって、LAを拠点に立ち上げられたクリエイティブ集団兼ストリートウェアブランドとなっている。音楽やスケートボード、アンダーグラウンドコミックなどのアートまで、様々なサブカルチャーからインスパイアされた大胆なグラフィックとプリントで人気を博し、2014年の設立以来、ここ日本のファッションシーンでも高い注目を浴びている。

[小売価格]1万5400円(税込)
[発売日]6月26日(金)

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ