運動・トレーニング

デサントジャパン、グローブ型のクーリングアイテム「デサント CORE COOLER」の一般発売を開始

2020.06.21 10:28 更新

 デサントジャパンは、クラウドファンディング上での応援購入の総額が、目標の20倍を突破し、高い注目度を集めたグローブ型の新しいクーリングアイテムである「デサント」ブランドの「CORE(コア) COOLER(クーラー)」の一般発売を開始する。

 同社はシャープ・ウィンゲートと共同開発した、手のひらを適温(氷や保冷材だと温度が低すぎることで血管が収縮し、冷却効果が充分に発揮されないため、12℃が適温だとされている(検証機関:労働安全衛生総合研究所とシャープ))の12℃で冷やすことで、体の中心部の温度である深部体温の上昇を抑制する同アイテムを昨年発表した。

 近年は夏の気温が上昇傾向にあることに加え、今年はマスク等を着用する機会も多く、屋内外問わず暑さ対策が重要となる。この商品の特徴は、予め冷凍庫や氷水で適温に冷やしたシャープ独自の「TEKION」蓄冷材(シャープ独自開発の「TEKION」蓄冷材とは、液晶材料研究で培った技術を応用したものであり、「-24℃~+28℃で融け始める氷の状態(開発中の温度帯のものを含む)で蓄冷(同蓄冷材は特定の温度で融け、固体から液体に変化する。この時、周囲の熱を吸収することによって、材料そのものだけでなく、その周囲の空気や触れている対象物を特定の温度で保持する機能を有する。保持できる温度や時間は、蓄冷材の使用量や使用条件によって異なる)できる」特徴を持ち、シャープの社内ベンチャー「TEKION(テキオン) LAB(ラボ)」を中心に、商品・サービスの提供を行っている)で手のひらを冷やすことで、深部体温の上昇を抑制し、クーリング効果が得られる点だとか。この「TEKION」蓄冷材を入れるアタッチメントをグローブ型にすることで、蓄冷材を握り続ける必要がないため、物を掴むなど手の操作性が妨げられにくく、スポーツ観戦中や出勤、買い物といった日常の外出時など、様々なシーンで使用できる。

 「CORE COOLER」は6月19日から、公式通販サイト「デサントストア」や「DESCENTE(デサント) STATION(ステーション)」などの同社直営店、また生活雑貨専門店ロフト(一部店舗)では限定カラー(グレー)の展開で先行発売し、その後は順次スポーツチェーン店等含め、合計で1万個発売する。またSNSでの、同社契約選手やインフルエンサーによる発信を通じて、多くの人に新たなクーリングアイテムを伝えていく考え。同社は今後もスポーツメーカーとして培ったノウハウを活かし、様々な環境下において、より快適に過ごせる商品開発に注力するとしている。

[小売価格]3960円(税込)
[発売日]6月19日(金)

デサント=https://www.descente.co.jp/jp/


このページの先頭へ