運動・トレーニング

ヨネックス、小さなパワーで大きく飛ばせる高弾道設計の「Royal EZONE Extra Spec ドライバー」を発売

2020.04.01 16:11 更新

 ヨネックスは、「Royal EZONE(ロイヤル イーゾーン)」シリーズから、ヘッドスピード 35m/s前後のゴルファーのためのドローボールで飛ばせる「Royal EZONE Extra Spec(エクストラスペック)ドライバー」を4月下旬に発売する。

 Royal EZONEシリーズは、国内の自社工場において、精密なカーボンテクノロジーによって“飛びの自信を覚醒する”をテーマに、飛距離増大にこだわり開発しており、オーナーの満足感を高めるように細部にわたり高級感のあるデザインを追求しているとのこと。

 従来品のRoyal EZONEドライバーの長さが46.25インチであるのに対して、同製品はシャフト長さを45.75インチと短く、バランスポイントも軽く設計した。これによって高いミート率と軽い振り心地を実現し、重心角と重心の深さも最適に設計したことで、ティーショットをつかまりの良い高弾道へと導く。

 ヘッドは新次元カーボン「Namd(エヌアムド)(Namdは、ニッタが開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術)」を複合したカーボンドームクラウン+パワーグルーブ(溝)構造でたわみ&復元パワーを強化し、全面反発フェースでオフセンターヒットでも飛距離を伸ばす。

 Royal EZONE Extra Spec専用シャフトには、大きなしなりと素早い戻りに優れる新次元カーボン「Namd」と、強度と弾性という相反する性能を両立した新カーボン繊維「M40X(トレカM40Xは、東レが開発した、相反する「高強度と高弾性率」の両立を極限追求した次世代炭素繊維)」の2種類のハイスペックカーボンを搭載。それぞれの素材の特長を生かし、大きなしなり戻りでボール初速をアップするとともに、インパクト時の衝撃を受け止め、ボールを強く弾き飛ばす。

 小さなパワーでも高弾道で大きく飛ばせるドライバーが誕生した。

[小売価格]9万5000円(ヘッドカバー、専用トルクレンチ付)(税別)
[発売日]4月下旬

ヨネックス=https://www.yonex.co.jp/


このページの先頭へ