運動・トレーニング

アキレス、抗ウイルス国産子ども用ブーツ「モントレ 抗ウイルス 115」を発売

2020.04.07 11:56 更新

 アキレスは、足元を快適にサポートするために開発されたブーツブランド「MONTRRE(モントレ)」に、ウイルスに対応した国産子ども用ブーツ「モントレ 抗ウイルス 115」を追加。靴専門店および有名ECサイト、アキレスウェブショップで4月中旬から本格発売を開始する。

 インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス感染による被害は、健全な生活を脅かす脅威となっている。例えば咳やくしゃみで空間に排出された飛沫に含まれるウイルスは、顔、体、衣服だけではなく重力によって足元にも落下する。そのため、床に付着したウイルスが靴などに付着し、玄関で靴を脱ぎ履きすることで室内エリアに拡散していく恐れがあるという。素材や気温・湿度によって異なるが、付着したウイルスによっては数時間から数日間は感染能力を保持するともいわれている。

 アキレスでは特殊薬剤をPVC(塩化ビニール)に練りこみ成型(靴底含む)、効果が持続する抗ウイルス国産インジェクションブーツを完成させ、昨年5月に業務用ブーツとして発売。抗ウイルス性試験において、表面に付着した代表的なウイルスが24時間後には99%以上低減することを確認している。今回、この機能をいかした子ども用ブーツを発売する。

 「モントレ 抗ウイルス 115」はアキレスの国内工場で作られるとのこと。金属モールドの組み合わせによって出来る空洞部へ合成樹脂・PVCを注入し、ブーツを成型するインジェクション製法となっている。底はがれの心配が少なく形くずれも少ないのが特長だ。ラインアップは1タイプ2色。シンプルなデザインで可愛いフォルムが特長となっている。重量は約215g(16.0cm/片足)と軽量とのこと。

 なお、同製品は、病気の治療や予防を目的とするものではないという。また、医療品や医療機器などの医療を目的としたものではないとのこと。抗ウイルス性能は、すべてのウイルスに対して発現するものではないという(現時点において新型コロナウイルスに対する試験は実施していない)。また、抗ウイルス性能は試験機関による試験結果であり、実際の使用状況によって異なる場合があるとのこと。同製品は、ウイルスや細菌による感染を完全に防ぐものではない。抗ウイルス効果は同製品の表面に付着したウイルスに対して発現するものであり、感染予防を保証するものではないという。

[小売価格]2700円(税別)
[発売日]4月中旬

アキレス=http://www.achilles.jp/


このページの先頭へ