運動・トレーニング

ナイキ、トレイルランニングシューズ「ナイキ ワイルドホース 6」と「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」を発売

2020.03.26 12:10 更新

 ナイキは、トレイルランニングシューズの「ナイキ ワイルドホース 6」と「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」を4月9日に発売する。

 「ナイキ ワイルドホース」、「ナイキ エア ズーム テラ カイガー」共にシリーズ第6代目モデルとなり、一般的なロードやトラック練習とは異なるトレイルランニングの特徴を踏まえ、パフォーマンスを高めるための改良を施しているとのこと。「ナイキ ワイルドホース 6」にはナイキ リアクト フォームを用いて、より高い快適性と安定感を提供し、「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」は新しいアッパーがこれまで以上に泥汚れや水しぶきを寄せ付けないように作られている。

 「ナイキ ワイルドホース 6」の改良点では、ミッドソール全体にナイキ リアクト クッショニング フォームを採用しているとのこと。乗馬靴のような形の硬めのフォームをかかとに用い、安定感を高めているという。履き口を高めにして異物が靴の中に入り込むのを防ぐが、柔らかい素材で柔軟性を確保している。アウトソールの突起はこれまでに比べて耐久性があるアグレッシブなデザインで、トラクションを高め泥などのこびりつきを抑える。サイドにフィットバンドを使って、紐の収まりをよくしたレーシングシステムに改良した。

 「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」の改良点では、耐久性を高めたメッシュのアッパーが、岩、木の根や泥から足を守るとのこと。つま先に一番近いアイレットを独立させることで、前足部がこれまで以上にしっかりとフィットするようになっている。つま先の素材が重なる部分を減らすことで、足とシューズの擦れを最小限に抑える。

 ナイキは今後も2020年を通してトレイルランニングシューズの新作を展開していく考え。「ナイキ ワイルドホース 6」と「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」は4月9日にNIKE.COM、ナイキアプリ、NRCアプリと一部店舗で発売となる。また、ナイキ トレイルのヒストリームービーも公開中だ。

[小売価格]
ナイキ ワイルドホース 6:1万2000円
ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6:1万3000円
(すべて税別)
[発売日]4月9日(木)

ナイキジャパン=https://www.nike.com/jp/


このページの先頭へ