運動・トレーニング

ブリヂストンスポーツ、テニスラケット「BEAM-os」シリーズを発売

2020.01.15 18:15 更新

 ブリヂストンスポーツは、「打ちやすさ」とソフトな打球感を追求したテニスラケット「BEAM-os」シリーズを4月に発売する。

 同シリーズは、高反発・高コントロールの大型フェースのラケットとのこと。ラケットの「しなり」と「たわみ」を最適に設計することで、中厚フレーム特有の球離れの速さに対応した。また、快適な打球感にもこだわり、弾性率が高く振動衰退性に優れた「セプトン」をソフトサイドグロメットに採用。さらに振動が集約するグリップ部には、液晶ポリエステル繊維からなる特殊素材「エクシーレ」を効果的に配置することで手に伝わる振動を抑制し、振動が少ないソフトな打球感を追求している。

 同シリーズは、ソフトな打球感と軽量の「265」、大型フェースの最軽量モデル「240」の2モデルを用意している。

[小売価格]
265:3万2000円
240:3万4000円
(すべて税別)
[発売日]4月

ブリヂストンスポーツ=https://www.bs-sports.co.jp


このページの先頭へ