運動・トレーニング

リーボック、来年からブランドロゴを「ベクターロゴ」に統合、ファッションとフィットネスの垣根を超えたライフスタイルを提案

2019.11.07 15:20 更新

 リーボックは、これまでロゴを使い分けていた、ファッションカテゴリーの「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」と、フィットネスカテゴリーの「Reebok(リーボック)」双方のブランドロゴを、1990年代から使用している「ベクターロゴ」と「Drop-R(ドロップアール)ワードマーク」に、来年から統合することを発表した。

 今後は、ファッションカテゴリーとフィットネスカテゴリーともに、ロゴがひとつに統合され、また11月からは「ベクターロゴ」をフィーチャーしたフィットネスアイテムも早期限定発売となる。

 現代の消費者は、ジムでのワークアウト時と日常を細かく棲み分けしておらず、普段着とスポーツウェアの垣根はなくなりつつあるという。フィットネスとファッションの両方を包含したブランドであるリーボックは、そういった現代の消費者の新たなニーズやリアリティに応え、より力強いブランドプレゼンスを築くため、今回ファッションカテゴリーとフィットネスカテゴリーのロゴを統合する。今後は「ベクターロゴ」のもと、カテゴリーの境界を越え、ブランド全体で一貫性のあるプロダクトを展開していく考え。

 また、2011年に初めて導入された「デルタロゴ」は、これまでリーボックのフィットネスラインで使用されていたが、今後もクロスフィットやUFCブランドのリーボックアパレルを含む一部商品で引き続き使用される。

 「Vector(ベクター)ロゴ」は、50年以上の歴史を持つリーボックのサイドストライプとクロスチェックデザインをベースに作成された。1992年の導入以来、リーボックの最も認知度の高いブランドシンボルであり続けるとともに、スポーツ界での象徴的な瞬間の記憶と重ね合わされ、愛されてきたという。最近では、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン「Reebok CLASSIC」に使用されていた。新たな「ベクターロゴ」は、オリジナルの構成はそのままに、より見やすくすっきりとしたデザインにアップデートされている。

リーボックジャパン=https://reebok.jp/


このページの先頭へ