運動・トレーニング

プロギア、「サイエンス・フィット」に独自開発のモーションキャプチャーシステム「Swing Scan(スイングスキャン)」を直営店に導入

2019.05.23 20:31 更新

 プロギアは、2008年から展開しているオリジナル測定器によるスイング解析と科学的レッスンを融合した「サイエンス・フィット」に新たに独自開発のモーションキャプチャーシステム「Swing Scan(スイングスキャン)」を5月27日から直営店「PRGR GINZA EX(イーエックス)」に導入する。「PRGR GINZA」や、その他直営店へも順次導入していく予定だ。

 「Swing Scan」は、ブース内に設置した7台の高精度カメラでゴルファーの関節や体肢に付けたマーカーを読み取り3次元座標データを作成。ゴルフスイング解析に重要な腕、胸、腰の動作速度、角度を計測し3次元アニメーション化、数値化する高精度カメラ式モーションキャプチャーシステムとなっている。最大の特徴は「ライブ機能」で、ゴルファーのアドレスからフィニッシュに至るまで身体の動きを数値化、可視化し、理想のスイングとのギャップを体感できることで改善ポイントを明確に把握することができるという。これによって初心者から上級者までレベルを問わず「飛距離アップ」「スキルアップ」を効率よく学べるようになるとのこと。

[店舗概要]

店舗:PRGR GINZA EX
問い合わせ先:0120-562-270
所在地:東京都中央区銀座1丁目7-17 ヒューリック銀座1丁目ガス通り3F

PRGR=https://www.prgr-golf.com


このページの先頭へ