運動・トレーニング

ガーミンジャパン、ランニングウォッチ「ForeAthlete 245/245 Music/945」を発売

2019.05.09 16:59 更新

 GPSウォッチのリーディングメーカーのガーミンジャパン(以下、Garmin)はランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズから「ForeAthlete 245(フォアアスリート 245)」(2カラー)と「ForeAthlete 245 Music(フォアアスリート 245 ミュージック)」(3カラー)を、5月10日から予約開始、5月16日に発売する。また、「ForeAthlete 945(フォアアスリート 945)」(2カラー)を6月上旬発売予定となっている。

 「ForeAthlete」シリーズはガーミンウォッチを代表するシリーズの一つで、健康志向の人から本格的なアスリートまで、目的に合った機能搭載とデザインで人気のGPSランニングウォッチとなっている。新発売のモデルには、ライフログ機能や通知機能など、スマートウォッチとしての機能はもちろん、ランニング中の緊急時などに、選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」を新たに搭載している。

 「ForeAthlete 245」は人気のForeAthlete 235の後継機種として、フィットネスレベルを示すVO2max値、有酸素及び無酸素トレーニングの効果、またトレーニングのパフォーマンス状況を分析して、トレーニング不足や過度のトレーニングも表示するGPSランニングウォッチとなっている。バッテリー稼働時間が、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間と、ForeAthlete235の最大11時間から大幅に向上した。

 また、ランニングダイナミクスポッド(別売)とのペアリングによって、ランニングフォームの分析が可能で、ウォッチのスクリーン上でも分析を確認できる。そして、自分が休息をすべきか体を動かすべきか、タイミングを示してくれるBODY BATTERY(ボディーバッテリー)の機能も新たに追加した。

 「ForeAthlete 245Music」は音楽機能を追加し、Line Music、Spotify、AWA等の音楽アプリ、またPC等から最大500曲をウォッチにダウンロードでき、Bluetooth対応のイヤホンとの同期によって、スマホなしで音楽が楽しめるとのこと。

 「ForeAthlete 945」は、マルチスポーツ機能を搭載したForeAthlete 935の後継機種として、ランニングダイナミクスや光学式心拍計、トレーニングステータス、フィットネスレベルを示すVO2 max値などの細かいデータの取得など、パフォーマンス向上のための機能を充実させた最上級のGPS ランニング/トライアスロンウォッチとなっている。バッテリー稼働時間が、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大32時間と、ForeAthlete935の最大21時間から大幅に向上した。また、ForeAthlete 945では、暑さや高度による順応を表示する機能も追加となっている。そして新たに、カラー地図を搭載し、ランニングをガイドしてくれるので、ワークアウト中に道に迷うこともないとのこと。新機能として、音楽機能(最大 1000 曲をウォッチにダウンロード可能)と、Visa のタッチ決済により端末に手をかざすだけで決済ができるGarmin Pay機能を搭載し、トレーニング中の音楽鑑賞や、財布やスマホいらずの買い物を可能にしている。

 3機種ともガーミンウォッチの特徴の一つであるリストバンドの付替えも可能で、自分好みに合ったカラーバリエーションで普段使いとしても楽しんでもらえるとのこと。ガーミンウォッチの人気シリーズをさらに進化させた「ForeAthlete 245」、 「ForeAthlete 245Music」そして「ForeAthlete 945」は日々のアクティビティからパフォーマンス向上の本格的トレーニングまで、アスリートの目的にあったトレーニングとパフォーマンス向上をサポートする。

[小売価格]
ForeAthlete245:3万4800円
ForeAthlete245 Music:3万9800円
ForeAthlete 945:6万9800円
(すべて税別)
[発売日]5月16日(木)
※ForeAthlete 945は6月上旬

ガーミンジャパン=https://www.garmin.co.jp/


このページの先頭へ