運動・トレーニング

シチズン時計、大坂なおみ選手が全仏オープンテニス 2019で試合中に着用するモデルを発表

2019.05.24 10:12 更新

 シチズン時計(以下、シチズン)は、シチズンブランドアンバサダーであるプロテニスプレーヤー 大坂なおみ選手が、全仏オープンテニス 2019で新たに試合中着用するモデルを発表した。

 シチズンのブランドステートメント“Better Starts Now”とリンクした表現で、さまざまなコミュニケーション展開を予定している。

 昨年8月にシチズンのブランドアンバサダーに就任して以降、大坂なおみ選手は、グランドスラム(テニスの世界四大大会)トーナメントの全米オープンテニス 2018、全豪オープンテニス 2019において「シチズン エコ・ドライブ(エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランド。時計で初めて「エコマーク商品」に認定された)Bluetooth」を着用して参戦し、見事、シングルス2連覇を達成した。

 昨年8月にシチズンのブランドアンバサダーに就任して以降、大坂なおみ選手は、グランドスラム(テニスの世界四大大会)トーナメントの全米オープンテニス 2018、全豪オープンテニス 2019において「シチズン エコ・ドライブ(エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランド。時計で初めて「エコマーク商品」に認定された)Bluetooth」を着用して参戦し、見事、シングルス2連覇を達成した。

 世界女王として臨む全仏オープンテニス(5月26日~6月9日 於:パリ/スタッド・ローラン・ギャロス)では、スマートフォンとリンクするアナログ腕時計「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth」のブラック×グリーンのカラーリングモデルを大坂選手は着用して参戦する。プレー中の着用感を考慮した軽さと快適な着け心地を実現するスーパーチタニウム(シチズン独自の技術によって、純チタニウムに表面硬化技術を施しステンレスの5倍以上の硬さを実現。キズに強く、軽く、肌にも優しいので、快適な着け心地で使用できる)のケースに、ウレタンバンドを合わせたスタイリッシュなユニセックスモデルとなっている。

 充電作業のわずらわしさからユーザーを解放する光発電エコ・ドライブを採用すると共に、直感的な操作でアラームや時差修正などの設定を可能にするシチズンが独自に開発したアプリケーションを搭載した「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth」は、2012年に登場して以来、先鋭的で美しいデザインで、コネクテッドウオッチ市場に独自のポジションを作り出している。

 シチズンは、今の自分に慢心することなく、世界のトップ選手として常にベストを尽くす大坂選手には、シチズン時計と共通の信念があると考え、大坂選手を私たちのブランドステートメント“Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」を体現する象徴として、ともに進んでいくブランドアンバサダーに起用している。シチズンはこれからも、最高のプレーを求めて戦う大坂なおみ選手を応援していく考え。

[小売価格]8万円(税別)
[発売日]発売中

シチズン時計=https://citizen.jp/


このページの先頭へ