運動・トレーニング

ナイキジャパン、Nike SBのスケートパーク「Nike SB dojo」を東京・天王洲アイルにオープン

2019.04.02 18:26 更新

 2020年に日本での開催を迎える国際大会で初めて正式競技に採用されたスケートボードがより一層の盛り上がりを見せる中、ナイキジャパンは、4月6日に、日本国内では初めてとなるNike SBのスケートパーク「Nike SB dojo」を東京・天王洲アイルにオープンする。

 「Nike SB dojo」は、ランプ、階段、レールなどのスケートセクションを完備している屋内型のスケートパークとのこと。NIKE SPORTS FINDER に登録しているナイキメンバーは無料で施設を利用できる。また、スケートセクションの他に、スケートボーダー同士が交流する場としてラウンジスペースを設けているとのこと。今後は、スケートボードだけにとどまらず、音楽、アートなどの多様なカルチャーを楽しむイベントの開催も予定している。

 ナイキジャパンの小林哲二VP兼ゼネラルマネージャーは、「スポーツの素晴らしさを体験してもらうことをミッションとする当社は、東京の人々にスケートボーディングを楽しんでもらえる環境を作ることができ光栄に思う。スケートボーディングがよりいっそう身近なスポーツとなることを楽しみにしている」とコメントしている。

 Nike SB dojoは4月2日から、NIKE SPORTS FINDERを通して利用の登録受付を開始する。なお、Nike SB(Nike Skateboarding)とは、アパレル、フットウェア、アクセサリーを展開するナイキのスケートボーディングラインとのこと。

[施設概要]
施設名:Nike SB dojo
オープン日:4月6日(土)
営業時間:平日 15:00~22:00/週末・祝休日:12:00~22:00
入場:無料 入場年齢制限なし、5 才以上利用可能
所在地:東京都品川区東品川2-1-1 E号棟
電話番号:070-2825-9525
総面積:634.85m2(ラウンジスペースを含む)

ナイキジャパン=https://www.nike.com/


このページの先頭へ