運動・トレーニング

ゴールドウイン、「HYKE」のコレボレーションライン「ザ・ノース・フェイス×ハイク」の2019春夏コレクション」を発売

2019.01.10 18:32 更新

 ゴールドウインは、同社が展開する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」とファッションブランド「HYKE(ハイク)」のコレボレーションライン「ザ・ノース・フェイス×ハイク」の「2019春夏コレクション」の販売を限定店舗で2月13日から開始する。なお、一部店舗において2月6日から先行販売を実施する。

 「ザ・ノース・フェイス×ハイク」は、2018春夏シーズンから展開を始め、「ザ・ノース・フェイス」が現在まで積み重ねてきた、デザインと技術の進化にフォーカスし、アウトドアスポーツウエアの機能性と「ハイク」の感性を融合させたコレクションとのこと。3シーズン目を迎える今回のコレクションでは、新たにメンズラインを加えた。「TAN(タン)」(薄いベージュ)を「2019春夏コレクション」のキーカラーとし、ウエアに加え、キャップ、アームカバー、ニットスニーカーなどの小物類も拡充し、ウィメンズ14型、メンズ12型を展開する。

 また、「ザ・ノース・フェイス」のジオデシックドームテント「Geodome 4(ジオドーム)」の限定モデル「Geodome 4 SE(The NORTH FACE×HYKE Special Edition)」を2月13日から限定店舗、限定数量で販売する(一部店舗で2月6日から先行販売)。「Geodome 4」のフライシート(防水シート)を「ザ・ノース・フェイス×ハイク 2019春夏コレクション」のキーカラーである「TAN」色に仕上げたモデルとなっている。

 「GTX マウンテントップ」は、GORE-TEXの中でもしなやかで軽量性に優れた、GORE-TEX PACLITE2.5層の生地を採用している。デザインはかぶりのトップスタイプ。サイドはファスナーにより開閉が可能で、引手には特徴的な長いグログランテープを搭載している。昨年春夏シーズンから展開しているこのモデルに、今年春夏シーズンはメンズも展開する。

 「テックネックゲイター」は、ハイベント2.5層を採用しており、非常に軽量でしなやかな風合が特徴のネックゲイター。デザインはかぶりタイプでありながら、首元がドローコード仕様になっているので調節可能となっている。

[小売価格]
GTX Mountain Top(GTX マウンテントップ):5万5000円
Tec Neck Gaiter(テックネックゲイター):8000円
(すべて税別)
[発売日]2月13日(水)

ゴールドウイン=http://www.goldwin.co.jp/


このページの先頭へ