運動・トレーニング

ミズノ、カスタム専用クラブシリーズのドライバー「Mizuno Pro MODEL-E/MODEL-S」を発売

2018.12.14 19:33 更新

 ミズノは、カスタム専用クラブ「Mizuno Pro(ミズノプロ)」シリーズのドライバー「Mizuno Pro MODEL-E(ミズノプロモデルイー)」「Mizuno Pro MODEL-S(ミズノプロモデルエス)」を来年2月22日に全国のミズノゴルフカスタムフィッティングショップ(以下、MIZUNO GCF SHOP)約350店舗で発売する。

 「Mizuno Pro」シリーズは、ミズノが開発したフィッティングシステムを通して販売する、最高品質を追求するゴルフクラブで、昨年9月から販売を開始している。

 今回発売する「Mizuno Pro MODEL-E」は、飛距離性能とヘッドのコントロール性能を追求したドライバーとのこと。フェース部には、高反発素材「β(ベータ)チタン合金」とボールを飛ばすためのヘッド設計を採用し、ミズノ史上最高反発を実現している。また、重心距離(一般的に重心距離(シャフト中心線延長線上からヘッド重心までの垂線の距離)が短いほど、ボールを捉えやすくなる)を短くしたヘッド設計を採用することで、スイング時のスムーズなヘッドターンを可能にしている。

 「Mizuno Pro MODEL-S」は、弾道コントロールを求める上級者モデルで、「Mizuno Pro MODEL-E」と比べヘッドサイズが小さめで、丸みのあるフェース面を採用している。

[小売価格]6万4800円(税込)
[発売日]2019年2月22日(金)

ミズノ=https://www.mizuno.jp/


このページの先頭へ