運動・トレーニング

ブリヂストンサイクル、電動アシスト自転車「フロンティア リラクシー」を発売

2018.11.07 17:02 更新

 ブリヂストンサイクルは、低床フレームでまたぎやすく、やさしさと落ち着きのあるデザインの電動アシスト自転車「FRONTIA relaxy(フロンティアリラクシー)」を12月中旬から発売する。

 近年、利便性の高さや消費者の健康志向の高まりから、電動アシスト自転車の市場は年々伸長している。同製品は、自然志向で健康的な生活を送る人々をターゲットとし、その生活に溶け込むよう、ナチュラルでやさしいカラーを採用した。さらには、同社が今年8月下旬に発売した「フロンティアラクットシリーズ」に続き、低床フレームを採用することで乗り降りのしやすさを実現している。また、カラータイヤを搭載したデザインも揃え、足元を明るくおしゃれな印象に仕上げた。

 同製品には“走りながら自動充電”する回復充電機能を搭載しているとのこと。この回復充電機能は、従来の「左ブレーキをかける」と回復充電できる機能だけでなく「走行中にペダルを止める」と前輪モーターが発電してバッテリーを充電する機能となっている。同機能によって走行距離が最大28%(平地自動回復充電機能および、ブレーキ回復充電機能を使用した状態と使用していない状態を比較した数値となる。同数値は当社のモニター調査におけるエコモード回復率の最大値になる)向上し、4日走ると最大一日分を充電(同社モニター調査におけるエコモード回復率の最大値28%で1日5km走行した場合)できるようになった。また、ベルトドライブ機構は鉄製チェーンの10倍丈夫(同社駆動耐久実験によるカーボンベルトの耐久回数とチェーンの耐久回数を比較した場合)でメンテナンスの手間もかからず、さびないため、快適な走りを維持できるという。

[小売価格]
フロンティア リラクシー(黒タイヤ仕様):12万9800円
フロンティア リラクシー(カラータイヤ仕様):13万2800円
(すべて税別)
[発売日]12月中旬

ブリヂストンサイクル=http://www.bscycle.co.jp/


このページの先頭へ