運動・トレーニング

アキレス、雪や氷の路面にも配慮した男性用防寒長靴「モントレMB-768」を発売

2018.11.26 17:33 更新

 アキレスは、スニーカーのような歩きやすさを実現した男性用防寒長靴「モントレMB-768」を、寒冷地の靴専門店および有名ECサイト、アキレスウェブショップで11月下旬から本格発売を開始する。

 気象庁の発表によると2010年から観測史上最高の積雪を記録した地点は、全国で30%を超えており、局地的な大雪(ゲリラ豪雪)の傾向が目立つという。アキレスのブーツブランド「モントレ(MONTRRE)」は素材・意匠開発、デザインにおいて、さらに業務用ブーツ製造で培ったノウハウを駆使し、雪や氷の路面に配慮している点で寒冷地でもスニーカーのような歩きやすさを実現している。

 「モントレMB-768」は、アキレス独自開発の3次元構造の耐摩耗性に優れたソール意匠にガラス繊維配合ラバーを靴底に搭載した「3D無敵寒耐アイスクロウ」シリーズの新モデルとのこと。優れた屈曲性でスニーカーのような歩きやすさを実現、雪路や氷上の路面などに対応し、冬場の歩行をサポートする。また総丈約40cm(Mサイズ時)のボディは軽量配合ラバーを使用、裏地には起毛布+厚さ6mmのウレタン、インソール(中敷き)表面にはボアを採用し、軽さと温かさにも配慮している。

 ラインアップは、コーディネートに映えるボルドー、シンプルなネービー、黒の3色展開とのこと。ボディにはキルティング調のスタイリッシュなデザインを採用し、重くなりがちな印象の防寒長靴のイメージを一新。斜めの履き口にすることでスムースな足入れにも配慮している。サイズはS、M、L、2L、3Lの5サイズとのこと。

[小売価格]7900円(税別)
[発売日]11月下旬

アキレス=https://www.achilles.jp/


このページの先頭へ