運動・トレーニング

ミズノ、国際水泳連盟承認の競泳用水着「GX・SONIC IV」を発売

2018.11.20 15:41 更新

 ミズノは、国際水泳連盟(FINA)承認の競泳用水着「GX・SONIC IV(ジーエックス ソニック フォー)」を、全国のミズノスイム品取扱店で来年1月11日から順次販売する。

 「GX・SONIC」シリーズは、水の抵抗が少なく推進効率が良いフラット姿勢の維持をサポートする競泳用水着で、2013年発売以来、競泳日本代表選手使用率 No.1(2013年~2018年の競泳日本代表選手の使用率(ミズノ調べ))を獲得している人気モデルとなっている。

 同モデルは、太もも後面の筋肉(ハムストリングス)のサポート力を高めた新構造を採用し、フラット姿勢の維持とキック動作のサポート力を高めているとのこと。さらに、新たに開発した生地が水の流れをスムーズにすることによって、水中での表面摩擦抵抗を従来品(GX・SONIC III)と比べ約2.6%低減(東洋大学調べ)している。

 小堀勇気選手は、「フラットな姿勢を維持することができ、よりキックもうちやすくなった。この水着とともに、世界と戦っていきたいと思う」とコメントしている。池江璃花子選手は、「疲れた時に“身体が動くか”をポイントにしている。今回、新たに追加されたサポート機能はキック力が維持されるイメージなので、レース終盤の武器になってくれると思う。この新たな武器と共にさらに進化していきたいと思う」とコメントしている。

 水泳時は、腰を高い位置に保ち水面に対してフラット姿勢をとることが、水の抵抗が少ない推進効率の良い泳ぎにつながる。また、キック時に脚を内旋しながら蹴り出すことでより前方向への推進力を得ることができる。「GX・SONIC Ⅳ」の太もも背面部には、腰部から太もも部かけてクス状に配置したテンションの高い素材と生地が二重構造の新たな姿勢サポート構造「SONIC LINE DESIGN-X(ソニック ライン デザインクロス)」を採用することでフラット姿勢の維持をサポートする。さらに、クロス状に配置したテンションの高い素材によって、効率のよいキック動作につながる脚部の内旋をサポートする。

 従来品(GX・SONIC III)で採用していた水着表面が凹凸構造の布帛素材「SONIC LIGHT RIBTEX(ソニック ライト リブテックス)」の凸部に、細い溝を配置した新布帛素材「SONIC LIGHT RIBTEX II(ソニック ライト リブテックス ツー)」を新たに開発した。凸部に細い溝を配置することで、水の流れがよりスムーズになり(細かい溝が生地表面の乱流を打ち消す効果があるといわれている)、水中での表面摩擦抵抗が従来品と比べ約2.6%低減した。特に抵抗のかかりやすい入水時やターン時の初速維持を追求している。

[小売価格]
男性:2万6460円
女性:3万8880円
(すべて税込)
[発売日]2019年1月11日(金)

ミズノ=https://www.mizuno.jp/


このページの先頭へ