運動・トレーニング

アシックス、着地時の安定性など足を守るための機能を充実させたランニングシューズ「GT-20007」を発売

2018.11.15 17:03 更新

 アシックスジャパンは、初心者でも安心して走れるよう着地時の安定性を高めたランニングシューズ「GT―20007(ジーティ20007)」6品番を、11月16日から「アシックスストア神戸」で一部先行発売し、12月7日からアシックス直営店、アシックスオンラインストア、全国のスポーツ用品店などで順次販売する。

 同商品は、足にかかる負担を軽減する機能を搭載し、多くのランナーをサポートしてきた「GT―2000」シリーズの最新作とのこと。今回は特に安定性とフィット性を追求したのが特徴となっている。

 アッパー(甲被)は、内側の中部に「アッパーサポートパネル」を搭載し、靴ひもをしめることで足の側面を支える新たな構造を取り入れフィット性を高めている。

 靴底は、中部に樹脂製トラスティック(補強材)を搭載し、走行中の過度なねじれを抑制しながら、縦方向に大きな溝を設けることで、重心を安定させながら足が自然と前に出るよう誘導するようになっている。また、かかと部内側に高硬度のスポンジ材を配し、足が内側に倒れこもうとする動きを抑制している。

 着地時に衝撃がかかりやすいミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)は2層構造になっており、下部には独自開発のスポンジ材「FLYTEFOAM(フライトフォーム)」を採用している。「FLYTEFOAM」は、同社従来のミッドソール素材「E.V.A.(イーブイエー)」から約55%軽量で、素材に添加した繊維でアシストすることで優れたクッション性と耐久性を発揮する。

[小売価格]1万2800円(税別)
[発売日]12月7日(金)
※アシックスストア神戸で11月16日から先行発売

アシックス=https://www.asics.com/jp/ja-jp/


このページの先頭へ