運動・トレーニング

タニタ、映画「カメラを止めるな!」とのコラボ商品「カメラを止めるな!歩数計」を発売

2018.10.05 18:00 更新

 タニタは、上田慎一郎監督の映画「カメラを止めるな!」とコラボレーションした3Dセンサー搭載歩数計「カメラを止めるな!歩数計」を11月15日に発売する。同商品は映画専門学校が製作したインディーズ映画にもかかわらず、異例の大ヒット作品となった同作の海外タイトルである「ONE CUT OF THE DEAD」のロゴを本体表面にあしらったオリジナル歩数計。同作がコラボレーションした初めての商品となる。書籍・雑貨店ヴィレッジヴァンガードの公式通販サイト「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」、「タニタオンラインショップ」で販売する。また、これに先駆け、10月5日12時から「ヴィレッジヴァンガードオンラインストア」と「タニタオンラインショップ」で予約受け付けをスタートした。

 「カメラを止めるな!」は今年6月に一般公開された日本映画。公開当初は東京のミニシアター2館のみでの上映だったが、その後SNSなどで評判が広まり上映館が拡大。現在は全国300館以上の劇場で上映され、動員数は160万人を超える大ヒット作品となっている。今回のコラボレーションは、ツイッター上でのやり取りがきっかけとなって実現した。同社の公式ツイッターアカウントが同作を鑑賞したことをツイートしたのに対し、上田監督が「これをきっかけにコラボ商品が生まれたりして。熱々やでほんま」と劇中のセリフをもじってツイート。このやり取りを起点に、コラボレーション企画が進行。同作がテーマとしている怪物「ゾンビ」は別名「“歩く”死体」と呼ばれていること、劇中で登場人物たちが走り回るシーンが多いことから、これらをイメージして、歩数計で商品化することにしたという。本体カラーは同作の登場人物が身に着けている“あるアイテム”にちなんでブラック1色のみ。劇中の象徴的なセリフ「撮影は続ける! カメラは止めない!」になぞらえ、「ウオーキングは続ける! 歩数計は止めない!」とユーザーが思わずいいたくなる商品に仕上げた。

 健康づくりは「楽しく続けられる」ことが重要とのこと。タニタでは健康づくりに「楽しさ」を加えるエッセンスとして、アニメやゲームなどエンターテインメント分野とのコラボレーションを積極的に進めているという。今回発売する本商品もその一環で、同作の世界観を共有しながら、楽しく健康づくりに取り組む一助となると考えているという。今後もタニタでは、健康づくりを楽しめる商品やサービスを展開していく方針だ。

[小売価格]2800円(税別)
[発売日]11月15日(木)

タニタ=http://www.tanita.co.jp/


このページの先頭へ