運動・トレーニング

アディダス、80年代のクラシックスニーカーをスケートボーディング仕様に再解釈した「CAMPUS ADV」を発売

2018.10.05 17:44 更新

 アディダスジャパンは、今年秋冬シーズン、adidas Skateboardingは、1980年代にバスケットボールシューズとして登場し、ストリートシーンで地位を確立したクラシックスニーカーCAMPUSからインスパイアされた「CAMPUS ADV」を10月6日から発売する。

 「CAMPUS ADV」は、スエードアッパーの衝撃を受けやすい部分を補強し、足にぴったりフィットするよう、Geofitを搭載したシュータンが特徴的なモデルとのこと。また、Bounceのクッショニングが、快適な弾力性と衝撃吸収の2つの面をバランスよくサポートする。タイムレスなデザインと快適な履き心地は、スケートボードシーンにおいて、類をみない最適な一足となっている。sd

 「CAMPUS ADV」は、80年代に登場したCAMPUSのローカットモデルをベースに、モダンなスケートボーディングの機能を加え、リモデルした。スケートボードをする上で必要な機能性と美学が融合した、新モデルとなっている。クラシックなスエードのアッパーに、履き心地の良いラバーのカップソール、衝撃吸収やバランスの取れた柔軟性を実現するBounceのミッドソールを搭載。アウトソールは、Geoflexを搭載したヘリンボーンを使用し、優れたグリップ力を発揮する。磨耗の激しい部分に二重のスエードを施すことで、さらなる耐久性を提供している。

[小売価格]9990円(税別)
[発売日]10月6日(土)

アディダス ジャパン=http://www.adidas.com/jp/


このページの先頭へ