運動・トレーニング

ブリヂストンサイクル、幼児自転車「HYDEE KIDS(ハイディキッズ)」を発売

2018.09.07 16:08 更新

 ブリヂストンサイクルは、幼児自転車「HYDEE KIDS(ハイディキッズ)」を9月中旬から全国の販売店を通して発売する。ハイディキッズは、雑誌VERYとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車「HYDEE.II(ハイディツー)」と同じデザインで設計した幼児自転車。ハイディツーを卒業する子どもたちへのファーストバイクとして、デザイン性はもちろん、軽量設計で実用性の高いパーツを標準装備している。

 今回、ハイディキッズの発売とあわせて、子ども乗せ電動アシスト自転車 ハイディツー 19年モデルもモデルチェンジを実施。同社独自開発の両輪駆動の電動アシストシステム「デュアルドライブ」を搭載した仕様となっている。ハイディツーの19年モデルには“走りながら自動充電”する機能を搭載しているとのこと。

 また、「ハイディツー 2019年限定モデル」はカラータイヤを装備し数量限定1000台で、10月中旬から全国の販売店を通して新発売する。デザインは、限定モデルだけの特別なロゴをあしらい、リヤチャイルドシートには、限定仕様のグレー系の迷彩柄を標準装備し、さらに新開発のグレータイヤを使用しコーディネートすることで、標準モデルに比べてさらにハンサムな仕様となっている。

 雑誌VERYとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車 ハイディツーは、安全性を損なうことなくおしゃれさを追求するため、車体からチャイルドシートまでゼロからの開発をVERY編集部と共同で行った子ども乗せ電動アシスト自転車となっている。商品コンセプトは「パパもママも乗れるハンサムバイク」。ママが扱うことを前提とした安全設計に、パパも好むスポーティなクルーザースタイルを取り入れている。

 ハイディツーを愛用している人々から「子どもとも同じ自転車コーディネートを楽しみたい」という声を受け、今回、子ども用自転車「ハイディキッズ」を開発した。ハイディキッズには、子どもが安全に使用できるよう、安全機能として当社が開発したブレーキ「こどもらくらくブレーキ」を搭載している。

 ブリヂストンサイクルは、これからも自転車を通してより快適なサイクルスタイルを提案していく考え。

[小売価格]
ハイディキッズ:3万4800円
ハイディツー:15万4800円
ハイディツー 2019年限定モデル:15万7800円
(すべて税別)
[発売日]
ハイディキッズ:9月中旬
ハイディツー:10月中旬
ハイディツー 2019年限定モデル:10月中旬

ブリヂストンサイクル=http://www.bscycle.co.jp


このページの先頭へ