運動・トレーニング

ユニクロ、テニスプレイヤーのロジャー・フェデラー選手着用モデルのウエアセットの予約販売を開始

2018.07.13 15:15 更新

 ユニクロは、グローバルブランドアンバサダーを務める男子プロテニスプレイヤーのロジャー・フェデラー選手が「全英オープンテニス2018(ウィンブルドン選手権)」で着用したモデルのウエアセットの予約販売を開始する。

 予約販売するウエアセットは、ヘッドバンド、シャツ、ショートパンツ、リストバンド、ソックスの5点セットとのこと。予約受付開始はユニクロオンラインストアで7月23日から、商品の引き渡しは9月末から10月上旬を予定している。

 ユニクロがロジャー・フェデラー選手とのグローバルブランドアンバサダー契約締結を発表した後、多くの消費者からウエア販売に関する問い合わせが寄せられたという。今回、消費者からの要望に応え、予約販売を決定した。

 「ロジャー・フェデラー選手着用モデル ウエアセット」は、ヘッドバンド、シャツ、ショートパンツ、リストバンド、ソックスの5点セットを専用ボックスに梱包して届ける商品となっている。

 2018年ウィンブルドン選手権における、フェデラー選手のウエアは、同社アーティスティックディレクターのクリストフ・ルメール氏率いる、ユニクロパリR&Dセンターによってデザインされた。襟は一般的なクルーネックやポロシャツなどのスタイルではなく、本人が好むスタンドカラーを採用し、オンコート・オフコート共に洗練されたフェデラー選手のスタイルを際立たせている。初めての共同開発商品を発表するにあたって、ユニクロのコーポレートカラーを印象づけるため、シャツとショーツは、深い赤のラインによってアクセントを持たせた。シャツの袖口や前立て部、ショーツの脇などに配置している。

 東レと共同開発したこの「ドライEX」は特殊なアーチ構造で、高い吸汗速乾性を実現。汗によるムレやベタつきを防ぎ、試合中でも心地よい肌触りを保つ。テニス特有の激しい動きに対応するため、立体的な構造に仕上げた。また、運動時に体温が上がりやすい箇所には、より通気性の高いメッシュ素材を使用することで過度の体温上昇を防ぎ、トップを争う選手たちがベストパフォーマンスをキープできるようサポートしている。

 ユニクロは、世界をリードする卓越したアスリートたちとパートナーシップを結び、ユニクロブランドとLifeWearコンセプトを広めている。グローバルブランドアンバサダーたちは、偉業にチャレンジし続けている。彼らは、人間としての誠実さ、高潔さや逆境にあっても希望を失わない精神、他人を尊重する心、謙虚さなどを併せ持つ人格の持ち主として、世界の人々から尊敬と賞賛を集めている。

 ユニクロは、グローバルブランドアンバサダーたちのプロフェッショナルな洞察力と、私たちの先進の独自テクノロジーを繋ぐことによって、人類が挑む限界のパフォーマンスをサポートでき、また、人々の日常生活をいっそう快適に、かつ機能的にするような究極の服を共に創造していくとのこと。さらに、世界各地において地域社会との結びつきを強め、現地への貢献を進めていくという。

 ユニクロのグローバルブランドアンバサダーはロジャー・フェデラー選手に加え、現在、同じくテニスの錦織圭選手、プロ車いすテニスの国枝慎吾選手、ゴードン・リード選手、プロゴルフのアダム・スコット選手がいる。

[小売価格]1万3500円(税別)
[予約開始日]7月23日(月)

ユニクロ=http://www.uniqlo.com/jp/


このページの先頭へ