運動・トレーニング

ガーミンジャパン、Garmin音楽機能を搭載したGPSスマートウォッチ「vivoactive 3 Music」を発売

2018.07.12 17:47 更新

 ガーミンジャパン(以下、Garmin)は、アクティビティトラッカーvivoactive3の最新モデル「vivoactive 3Music(ヴィヴォアクティブ3ミュージック)」を7月26日から発売する。予約受付は、7月19日から開始する。

 「vivoactive 3 Music(ヴィヴォアクティブ3ミュージック)」は、vivoシリーズとして初の音楽機能を搭載し、さらにウォッチをかざすだけで決済ができるGarmin Pay機能、マルチスポーツ機能、タッチスクリーン等、vivoactive 3が誇る主要機能はそのまま引き継いでいる。

 また、新たにデバイス前面をカバーする特殊強化レンズを採用。ベゼルレスのシックなデザインで、日常でもアクティブなシーンでもつけるシーンを選ばないとのこと。高輝度、高解像のGarmin Chroma Displayによって直射日光の下などでも高い視認性を実現している。

 スポーツやワークアウト中でも、内蔵のミュージックプレイヤーとBluetoothの同期によって音楽を聞くことができ、Garmin Pay機能を利用することで、お財布やスマートフォンを持ち出すことなく買い物をすることもできる。

 充実した機能とファッション性に富んだ「vivoactive 3 Music」は男性、女性問わず、様々なライフスタイルにフィットして利用できる。

 最新モデル「vivoactive3Music(ヴィヴォアクティブ3ミュージック)」の音楽機能では、音楽データはデバイス内に最大500曲の保存が可能。USB経由でPCから音楽や音声コンテンツをデバイスに転送し、業界標準のBluetoothイヤホンやスピーカーとペアリングして音楽を聴くことが可能となっている。

 決済機能(Garmin Pay)では、国際標準規格のNFC(ISOで規定された機器間近距離無線通信技術の国際標準で、Visaのタッチ決済はNFCでサポートされている非接触インターフェースのType A/Bを使用している)による非接触決済に対応する事によってウォッチだけで決済する事ができる。利用可能なカードは三菱UFJ-VISAデビット(7月12日現在)とのこと。

 15種類以上内蔵されたスポーツアプリでは、ヨガ、有酸素トレーニング、筋トレ、ランニング、スイム、ゴルフなど、様々なスポーツアプリが内蔵されている。また、GPS機能との併用はもちろん、オンライントレーニングアプリGarmin Connectとの連動による記録保存などでさらに充実したアクティビティライフをサポートする。

 タッチスクリーンは、天候や周囲のあらゆる状況でも高い視認性を実現させた、高輝度、高解像の Garmin Chroma Display。汚れや指紋が付きにくい特殊強化ガラスを採用した。さらに画面をタッチして操作するタッチスクリーンで直観的な操作を可能にする。

[小売価格]3万9630円(税別)
[発売日]7月26日(木)

ガーミンジャパン=http://www.garmin.co.jp


このページの先頭へ