運動・トレーニング

シチズン時計、アウトドアスマートウオッチ「Alpiner X」を発売

2018.07.12 10:22 更新

 1883年の創業から130年以上の歴史を誇るスイス時計ブランド「アルピナ」は、2つのセンサーを搭載し、UV(紫外線)と気温・高度・コンパス等、山登りなどのアウトドアに適した機能を新しく備えたスマートウオッチ「Alpiner X」を7月下旬に発売する。

 「Alpiner X」では、9時位置のインデックス下にUVセンサーを配置。この部分に日光があたることで、紫外線量を感知し、時計のデジタルディスプレーと、連動する公式アプリ「Alpiner X」に表示されるとのこと。ケースの12時位置にあたる上部に環境センサーを搭載することによって、(1)気温(2)高度(3)気圧(4)コンパスの測定機能を新しく追加した。時計内でリアルタイムに測定されたデータは、時刻、日付、アクティビティ、ストップウオッチやその他の計時データと同様、時計文字板の下部に設置されたデジタルディスプレーで表示できる。スマートフォンへの着信やメッセージ受信を知らせるとともに、歩数や消費カロリーの追跡、睡眠パターンの記録と分析などをBluetooth経由で「Alpiner X」のアプリに接続する。

 E-mail、SNS通知では、EメールやSNSアプリにメッセージが届いたことを腕時計の「振動」と「針の動き」で知らせるとのこと。通知したいアプリは自由に選択が可能となっている。電話着信の通知では、スマートフォンに着信があったことを、腕時計の「振動」と「針の動き」でお知らせする。アクティビティ トラッキングは、毎日の歩数や消費カロリー、総歩行距離といったデータをグラフやカレンダーで表示、さらに記録することも可能とのこと。スリープ モニタリングでは、寝ている間の睡眠パターンを記録し、熟睡時間、目覚めるまでの時間などを詳細に知らせてくれる。ワールドタイマー24時間ゾーンでは、都市名をアプリに登録するだけで、ホームタウンの時刻を見られるという。大切な人やビジネスパートナーに電話するのに都合の良い時刻をすぐに把握できる。

[小売価格]12万1000円(税別)
[発売日]7月下旬

シチズン時計=http://citizen.jp


このページの先頭へ