運動・トレーニング

モルテン、FIBA女子バスケットボール ワールドカップ2018大会専用デザインの試合球レプリカを発売

2018.06.18 20:27 更新

 モルテンは、9月22日~30日にかけて、スペインで開催される「FIBA女子バスケットボール ワールドカップ2018」に公式試合球を提供する。大会に先立ち、レプリカモデルを6月21日から出荷開始し、全国のスポーツ用品店などで販売する。

 公式試合球は、国際バスケットボール連盟(FIBA)が主催する国際大会やバスケットボール女子日本リーグなどにおいて、唯一の公式試合球として使われている「GL6X」をベースに、FIBAとモルテンが共同でデザイン開発を行った。側面には大会のビジュアルガイドライン・モチーフを基に特別デザインをあしらい、本大会に彩りを添えている。「FIBA女子バスケットボール世界選手権」の大会名称で開催されていた2014年までを含め、FIBA女子バスケットボール ワールドカップにモルテンが大会専用デザイン試合球を提供するのは初めてだとか。

 国際バスケットボール連盟(FIBA)事務総長、IOC委員のパトリック・バウマン氏は、「30年以上に渡り、モルテンとFIBAは素晴らしい関係を築き、傑出した製品を開発するために協力してきた。過去5年間においては世界最高峰の大会で、専用デザインのバスケットボールを開発する機会に恵まれ、今大会も特別なデザインモチーフが用いられたバスケットボールが使用されることを大変喜ばしく思っている」とコメントしている。

 同社は、今後もバスケットボールに関わるすべての人々に機能・デザインともに優れた製品を開発・提供し続け、モルテンブランドの約束である“For the real game”を実現していく考え。

[小売価格]5292円(税込)
[発売日]6月21日(木)

モルテン=http://www.molten.co.jp


このページの先頭へ