運動・トレーニング

ブリヂストンサイクル、子ども乗せ電動アシスト自転車「ビッケ ポーラーe」の新モデルを発売

2018.05.23 15:33 更新

 ブリヂストンサイクルは、子ども乗せ電動アシスト自転車「ビッケ ポーラーe」の2019年早期モデルを6月上旬から全国の販売店を通して発売する。

 ビッケ ポーラーeは、こだわり抜いた設計をしており、ビッケシリーズで最も安定感を誇る子ども乗せ電動アシスト自転車とのこと。今回の新モデルでは、電池容量を従来モデルの12Ahから約28%増の15.4Ahとし、エコモード時の走行距離を78kmに伸長した。

 ビッケ ポーラーeはフロントチャイルドシートを標準装備しているタイプの子ども乗せ電動アシスト自転車となっている。最低サドル高は70cm、全高は103.5cmで、フロントチャイルドシートを標準装備しているタイプの電動アシスト自転車としては、最も視界良好のフレーム設計となっており、「久しぶりに自転車に乗る」「運転に自信がない」「安定感を重視したい」という人に最適な一台とのこと。

 今回のモデルでは、電池容量を従来モデルの12Ahから約28%増の15.4Ahとし、エコモード時の走行距離を78kmに伸長した。さらに、自転車本体の軽量は維持し、広くてゆったり乗れるフロントチャイルドシート「スマートシート」も採用している。

 ブリヂストンサイクルは、これからも自転車を通してより快適なサイクルスタイルを提案していく考え。

[小売価格]13万7800円(税別)
[発売日]6月上旬

ブリヂストンサイクル=http://www.bscycle.co.jp


このページの先頭へ