運動・トレーニング

イノヴェイト社、「グラフェン」を使用した商品を「イノヴェイト」ブランドで「G-Series」シューズとして発売

2017.12.06 12:18 更新

 デサントの子会社であるINOVEIGHT LTD.(以下、イノヴェイト社)は、マンチェスター大学との共同開発によって、ノーベル物理学賞受賞の対象となった世界最薄・最高強度といわれている素材「グラフェン」を使用した画期的な商品を「イノヴェイト」ブランドで“G-Series(ジー シリーズ)”シューズとして2018年から発売する。

 イノヴェイト社は、2003年に英国に設立され、トレイル・丘陵・山などあらゆる地表を走るランナー、およびジムでワークアウトをするフィットネスアスリート向けの、革新的でグリップ力の高いシューズブランド「イノヴェイト」を展開している。現在同社は、2004年にマンチェスター大学が世界で初めてグラファイトから分離することに成功した地球上で最も薄い素材でありながら、鉄の200倍の強度を持つ最強の素材「グラフェン」をスポーツシューズのアウトソールに使用する開発を、同大学のAravind Vijayaraghavan(アラビンド ビジャヤラガバン)博士と共同で行っている。そして今回、世界で初めて同素材を使用したランニングシューズ、フィットネスシューズの商品化に成功した。2018年に発売予定の新シューズのアウトソールは、従来品と比較してより強く、より伸縮性に富み、より耐久性が高いという実験結果が出ている。

 世界で初めて「グラフェン」をグラファイトから分離することに成功したマンチェスター大学のAndre Geim(アンドレ ガイム)博士とKonstantin Novoselov(コンスタンチン ノボセロフ)博士は、グラフェンの分離に成功した後も研究を続け、2010年に「二次元物質グラフェンに関する革新的実験」という内容で、ノーベル物理学賞を受賞している。「グラフェン」は、多くの分野で技術的な革命を起こせる可能性を持った素材であり、主な特徴は、(1)2004年にグラファイトから分離することに成功した世界初の二次元素材、(2)地球上で最薄(原子一枚分の薄さ)でありながら、最も強度が高い素材(鉄の200倍の強度)、(3)非常にしなやかで、損傷することなく折り曲げたり、ひねったり、折りたたんだり、伸ばしたりすることが可能--となっている。

デサントジャパン=http://www.descente.co.jp/jp/


このページの先頭へ