運動・トレーニング

テーラーメイドゴルフ、「GLOIRE F ドライバー RED VERSION」を限定モデルとして発売

2017.09.01 19:54 更新

 テーラーメイド ゴルフは、国内女子ツアーで高い使用率を誇る「GLOIRE F(グローレ エフ)ドライバー」の最新モデル(以下、GLOIRE F2 ドライバー)に、フジクラシャフトが新たに発表した「Speeder 569 EVOLUTION IV (スピーダー569 エボリューション IV)」を採用した「GLOIRE F ドライバー RED VERSION (グローレ エフ ドライバー レッドバージョン/通称:F2 RED VERSION)」を追加ラインアップ、9月22日から限定モデルとして発売する。

 「GLOIRE F ドライバー」は、2014年のツアープロモーション開始当初からツアープロを始め多くのゴルファーの高い評価を受け、昨年9月に発表された最新モデル「GLOIRE F2ドライバー」も今季の国内女子ツアーにおいて2勝に貢献、モデル別使用率では21戦中13戦でNo.1(国内女子ツアーの「GLOIRE F2 ドライバー」使用率はダレル・サーベイ調べ(8月22日時点))に輝いている。また、フジクラシャフト「Speeder 569 EVOLUTION」シャフトも、発表以来ツアープロをはじめ、多くのゴルファーの支持を得ているシリーズとなっている。

 今回発売する「GLOIRE F ドライバー RED VERSION」は、国内女子ツアーにおいて多くのプロから高い信頼を得ている「GLOIRE F2 ドライバー」の性能はそのままにヘッドカラーを赤へとコスメチェンジ。赤いヘッドは、緑の芝と補色効果でヘッドの輪郭が際立ち、白ヘッド同様にアドレス時の構えやすさが向上することで、ゴルファーのポテンシャルを引き出して最適なショットを可能にする。また色へのこだわりは「GLOIRE」ロゴのバッジ、専用ヘッドカバーまでを赤で統一したスペシャルな仕様となっている。シャフトは藤倉ゴム工業の新シャフト、「Speeder 569 EVOLUTION IV」に「GLOIRE F ドライバー RED VERSION」専用のスペシャルコスメティックバージョンを装着。このドライバーでしか手に入らないシャフトが装着された特別な一本となっている。

 すでに、テーラーメイド契約の永峰咲希選手は国内女子ツアーでこの「GLOIRE F ドライバー RED VERSION」を使用中で、実戦投入初戦となった「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」では今季自己ベストの8位タイに入賞するなど、プロのパフォーマンスにも貢献。テーラーメイドは、今後も「GLOIRE F2」シリーズを通じ、永遠に飛距離や進化を求め続ける日本の”プレミアム・アスリート”ゴルファーを、さらなるやさしさと強さで魅了していくとしている。

[小売価格]10万5000円(税別)
[発売日]9月22日(金)

テーラーメイド ゴルフ=http://taylormadegolf.jp


このページの先頭へ