運動・トレーニング

ヨネックス、膝をフルサポートするランニングシューズ「パワークッション セーフラン 810C」を発売

2017.09.12 13:10 更新

 ヨネックスは、衝撃吸収性と反発性を併せ持つ素材パワークッションをさらに進化させた「パワークッションプラス」も新たに搭載し、最も怪我が起こりやすい膝への負担を減らす高いクッション性と足へのフィット感、着地時の安定性などを追求したランニングシューズ「パワークッション セーフラン 810C」を10月上旬から発売する。

 同社シューズにおいて最大の機能であるパワークッションは、7mの高さから生卵を落としても割れずに4m以上跳ね返す衝撃吸収性と反発性を併せ持つ「軽く、疲れにくい」衝撃吸収素材となっている。今回、衝撃吸収性で25%(日本車両検査協会にて測定)、反発性で12%(ボーケン品質評価機構調べ)もアップさせた「パワークッションプラス」を新たに開発し、つま先部とかかと部に重点配置する事で足への衝撃緩和と蹴り出しやすさを一層サポートする。

 さらにかかとに配置した樹脂パーツ「スムーズナビ 3.0」は切欠きを小さめに設計したことで、着地時に変形して安定性を高めつつも素早く復元する為、速めのペースに対応可能となっている。

[小売価格]1万3500円(税別)
[発売日]10月上旬

ヨネックス=http://www.yonex.co.jp


このページの先頭へ