運動・トレーニング

ブリヂストンサイクル、電動アシスト自転車「リアルストリームシリーズ」の2017年モデルを発売

2017.04.20 10:11 更新

 ブリヂストンサイクルは、従来モデルに比べて電池容量をアップさせた電動アシスト自転車「リアルストリームシリーズ(リアルストリーム・リアルストリームミニ)」の2017年モデルを、5月中旬から全国の販売店を通して発売する。

 「リアルストリームシリーズ」は、スポーティなデザインかつ、機能性・安全性を重視した電動アシスト自転車。気兼ねなく長距離での自転車通勤やサイクリングを楽しみたいという要望に応え、従来モデルの「リアルストリーム」「リアルストリームミニ」の2車種に新大容量バッテリーを搭載し電池切れの不安を軽減した。新色も追加し、自転車通勤やサイクリングを楽におしゃれにサポートする。

 ブリヂストンサイクルでは、2007年に女性ユーザー向けに、スカートでも乗りやすい形状で軽いアルミフレームを採用した「リアルストリームミニ」の前身となる「マリポーサ EA ミニ」を発売し、その後2008年にクロスバイクに電動アシスト機能を融合させた「リアルストリーム」を自転車通勤やサイクリングなどの用途として、30代~50代の男性ユーザー向けに発売した。

 今回のモデルチェンジでは、長距離移動時の充電の手間や電池切れの不安を軽減するため、新大容量バッテリーを採用。「リアルストリーム」の電池容量は、従来モデルの12.8Ahから約20%増の15.4Ahとなり、走行距離はエコモード時、従来モデルの75kmから約1.2倍となる90kmに伸長。また「リアルストリームミニ」の電池容量は、従来モデルの8.7Ahから約40%増の12.3Ahとなり、走行距離はエコモード時、従来モデルの59kmから約1.4倍となる83kmに伸長。「リアルストリームシリーズ」は、長距離移動を楽しみたい人に適したモデルとなった。

 近年、健康志向が高まる中、国内の自転車専用レーン整備が進み、今後も自転車通勤やサイクリングをする人口増加が見込まれる。ブリヂストンサイクルは、安全面はもちろんのこと嗜好や用途にあった自転車をこれからも提供していく考え。

[小売価格]
リアルストリーム:15万5800円
リアルストリームミニ:11万4800円
(ずべて税別)
[発売日]5月中旬

ブリヂストンサイクル=http://www.bscycle.co.jp


このページの先頭へ