運動・トレーニング

モトベロ、電動アシスト自転車「BESV」から「PSA1」と「CF1」を発売、ブランドアンバサダーに女優 のんさんが就任、さらなるサービス向上を目指しBESV JAPANの設立も

2017.03.07 19:49 更新

 電動アシスト自転車専門店「Motovelo」を運営しているモトベロは、欧州で高い評価を得ているプレミアムe-Bike「BESV(ベスビー)」シリーズの最新モデル「PSA1」と「CF1」を発売する。3月7日に行われた新モデル発表会では、2製品の概要説明があった他、ブランドアンバサダーに女優 のんさんが就任し、「ベスビー」の魅力などについて語ってくれた。また、日本法人としてBESV JAPANを設立することも発表。BESV JAPANのアンディー・スー会長が設立の経緯などについて説明した。

 「当社は、革新的なIT技術を駆使した電動アシスト自転車製品を上市し、これまでに多くの評価を得てきた」と、BESV JAPANのアンディー・スー会長。「日本市場においても、モトベロの協力のもと、大きな成功を収めることができた」と、モトベロを通じて展開してきた製品が、日本市場にも受け入れられていると語る。「今回、さらなるサービス向上を目指し、日本法人を設立することにした」と、よりよい対応実現を叶えるべく、BESV JAPANを設立すると説明していた。「BESV JAPANの設立に際して、ブランドアンバサダーに女優 のんさんを起用することにした。のんさんの美しさは、当社のブランドイメージに合致すると同時に、日本市場においてさらなる発展に寄与してくれるものと期待している」と、のんさんをブランドアンバサダーに起用した経緯についても紹介してくれた。

 続いて、女優 のんさんが登場。ブランドアンバサダーに就任したのんさんは、まず、「ベスビー」のブランドブックの撮影に臨んだのだという。「『ベスビー』の様々な製品に合わせて、衣装を変えて撮影を行った」と、製品のイメージに合う洋服をたくさん着用したとのこと。その際、「ベスビー」製品を間近に見た感想を問われたのんさんは、「すごくお洒落で、かっこいいと感じた。また、色づかいやデザインも素敵だと思う」と、女性の目を引く自転車だと語っていた。「ベスビー」を運転した時の乗り心地を聞いてみると、「アシスト自転車へ初めて乗車したのだが、ペダルに力を込めると、グッと前に進み、風を切る走行が楽しめて気持ちよかった」と、アシスト自転車への初乗車は、のんさんにとって驚くことが多かったという。「乗車したモデルでもある『PSA1』は赤いモデルがお気に入り。黒色とマッチしていて、いつもと違ったカチッとした服装にも合うと思う」と、シックな出で立ちでも様になる自転車であると話していた。

 のんさんは、洋服のデザインを自分で手掛けるなど、女優業だけでなく、幅広い活動を行っている。そこで、「ベスビー」でどんなところに行きたいか問われると、「洋服を作る時に必要な布などの材料を購入する際に、『ベスビー』を活用したい」とのこと。「アシスト自転車なので、遠くのお店まで行くこともできそう」と、変わった材料を探しに、いろいろな街へ出かけることが可能な自転車なのだと教えてくれた。最後にのんさんは、「『ベスビー』は、かっこよくて、よく進み、パワフルな電動アシスト自転車となっている。この自転車でいろいろなところに出かけてみてほしい」と、「ベスビー」の魅力を存分にアピールした。

 今回、「ベスビー」から新発売する「PSA1」は、独自のアルゴリズムを組み込んだオリジナル駆動システムの電動アシスト自転車となっている。ブレーキレバーを引くことで、電気の供給をストップするため、安全性に優れたモデルとなっている。また、街乗りにもピッタリで、大型ディスプレイでは、バッテリーの残量が逐一確認できるようになっている。さらに、フル充電で最大90kmの走行が可能となっている。

 4月中旬から発売する「CF1」は、L字型フレームを採用。欧州で人気のモデルを日本市場向けにカスタマイズした。チャイルドシートの搭載も可能で、デジタル時計も搭載している。また、「PSA1」と同様、エレクトリックブレーキも搭載し、安全性にも配慮しているとのこと。重量は22kgと軽量となっている。

[小売価格]
PSA1:19万9800円
CF1:16万8000円
(すべて税込)
[発売日]
PSA1:3月15日(水)
CF1:4月中旬

モトベロ=http://www.motovelo.co.jp
BESV JAPAN=http://besv.jp


このページの先頭へ