運動・トレーニング

アディダス、ストリートウエアコレクション「XBYO(エックスバイオー)」を国内の限定店舗で先行発売

2016.12.21 11:02 更新

 アディダス ジャパンのストリートスポーツウエアブランド「アディダス オリジナルス」は、2017年春夏シーズンの新しいアパレルコレクション「XBYO(エックスバイオー)」を12月22日に日本国内の限定店舗で先行発売する。

 美しさやシンプルさを追求しながら、動きを制限しない自由なストリートウエアである「XBYO」は、アディダスのアーカイブから得たインスピレーションと、日本のパターン技術や素材の技術が融合したアパレルコレクション。アディダスの歴史が詰まった「X」モチーフをはじめとしたデザインに、緻密に計算されたカッティング、日本開発のテリーコットンという素材を掛け合わせ、過去-現在‐未来を繋ぐ、上質かつタイムレスなベーシックアイテムとして完成した。

 アディダス オリジナルスは、XBYOのコンセプトとプロダクト開発にあたり、日本のパートナーとコラボレーションした。ファブリックは、日本が誇る丸編生地メーカー「ヤマヨテクスタイル」のプレミアムテリーコットンを採用。アディダスと半世紀にわたるパートナーシップを組んでいる同社がXBYOのためだけに開発した生地は、日本の技術を駆使して、上質に仕上がっている。カッティングには、日本のパターンカッティングの第一人者である中村里美氏を起用。人間工学に基づき、緻密に計算された立体裁断や、生地の切り替えの代わりにダーツを施すなど、クラシックなストリートウエアに洗練されたカットを加えている。デザインに込められた想いや感情をカタチにする中村氏の手によって、動きを制限しないユニークなシルエットが完成した。そして、XBYOのブランディングには、アディダスの伝統的なXモチーフを用いているという。アーカイブにインスパイアされながらシンプルに仕上げているとのこと。アディダスのアイコンであるXモチーフと、上質な「ヤマヨテクスタイル」のファブリック、そして中村氏のパターン技術が融合し、一歩先を行く新たなストリートウェアコレクションとなっている。

 XBYOは、世界発売に先駆け、12月22日にアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ、ビームス、伊勢丹の一部店舗で先行発売し、その後2017年1月5日に世界と同時に日本全国でグランドローンチする。

[小売価格]5490円~1万2000円(税別)
[発売日]12月22日(木)から順次

アディダス ジャパン=http://japan.adidas.com/


このページの先頭へ