運動・トレーニング

パナソニック サイクルテック、電動アシスト自転車「ビビ・EX」を発売

2016.12.14 15:20 更新

 パナソニック サイクルテックは、業界最大容量(国内電動アシスト自転車において(12月14日現在))20Ahバッテリーを搭載した電動アシスト自転車「ビビ・EX」を2017年2月上旬から発売する。

 同品は、業界最大容量の20Ahリチウムイオンバッテリーを採用することで、1回の充電で走行距離が約68km(パワーモード時)、最大約110km(ロングモード時)走行可能になった。そのため、1日の走行距離を約3kmと想定した場合、充電頻度が4週間に1回(パワーモード時。バッテリーが最も良い状態におけるもの。気象、道路、整備、乗り方などの使用条件や、経年劣化などによって実際の走行距離・充電頻度とは異なる場合がある)と充電の手間を軽減する。同社は、同製品を通じ、買い物や通学・通勤など幅広い消費者に、より楽しく快適なサイクルライフを提案する考え。

 「ビビ・EX」は、業界最大容量の20Ahリチウムイオンバッテリー採用で走行距離約26%(同社従来品BE-ELE432/632(2016年モデル):パワーモード時の走行距離を比較)アップした。急な上り坂などで強いアシスト力を発揮するラクラクドライブユニットとなっている。太い文字で見やすいエコナビ液晶スイッチ4Sを搭載した。

[小売価格]13万7000円(税別)
[発売日]2017年2月上旬

パナソニック サイクルテック=http://panasonic.co.jp/ap/pct/


このページの先頭へ