睡眠・リラクゼーション

西川、湿気が気になる梅雨から暑い夏の睡眠を快適にするタオルケットシリーズ「エアブリーズケット」を発売

2020.05.13 12:29 更新

 西川は、春夏向けタオルケットシリーズ「エアブリーズケット」を新たなカラーと柄にリニューアルし、5月中旬から発売する。西川公式オンラインショップをはじめ、全国の取り扱い店舗で販売する。

 「エアブリーズケット」は、今治タオルメーカーとの共同開発による特許製法のタオルケットとのこと。一般的なタオルケットに比べ、約2倍のハリ感(同社比)を持たせることで体とケットの間に隙間ができ、空気の移動でムレやベタつきなどの不快感を軽減する。ハリがあるので体へまとわりつきにくく、寝返りを妨げないとのこと。寝床内の温度湿度は一般的なタオルケットと比較すると、温度は-1.3℃、湿度は-7.4%RHも低くなるという(ユニチカガーメンテック調べ)。寝床内に熱がこもりにくく、暑い夏でもさわやかな眠りへ導く。また、洗濯機で手軽に洗えるので、汗を多くかく季節も清潔に使用することができる。

 今シーズンは、涼しげなブルーを基調にしたグラデーション柄で、しっかりとしたハリ感がある「エアブリーズケット(ミドル)」と、女性や子どもの寝室にもなじむ柔らかい色合いで、軽い掛け心地の「エアブリーズケット(ライト)」を展開する。

 「エアブリーズケット(ミドル)」(140×190cm)は、ブルーを基調にしたクラデーション柄が涼しげな3色を展開する。しっかりとしたハリで、まとわりつかない、爽やかな掛け心地となっている。「エアブリーズケット(ライト)」(140×190cm)は、女性や子どもの部屋にもなじむ、明るいカラー3色を展開する。より重量が軽く、まるで浮いているような軽い掛け心地で、大人から子どもまで快適だとか。

[小売価格]
エアブリーズケット(ミドル):1万円
エアブリーズケット(ライト):8000円
(すべて税別)
[発売日]5月中旬

西川=https://www.nishikawasangyo.co.jp/


このページの先頭へ