睡眠・リラクゼーション

西川、メーカー公認レンタルサービス「airCloset Mall」で「西川[エアー]マットレス」のレンタル・購入サービスを開始

2020.04.23 15:48 更新

 西川は、エアークローゼットが新たに展開するメーカー公認レンタルサービス「airCloset Mall (エアクロモール)」において、4月23日から、「[エアー01]マットレス」のレンタル・購入サービスを開始する。

 「airClosetMall」は、オンラインで「見つける・申し込む・レンタルする・購入する」の全体験を手続き完了できる自宅完結型のサービスで、国内どこからでも利用できる。月額定額制で、高額アイテムや大型アイテムを日常生活の中でじっくりと体験でき、商品の良さを納得された上で購入できる。今回、サービス開始の第一弾商品として、「[エアー01]マットレス」が登場する。

 「[エアー01]マットレス」は、特殊立体波形凹凸構造によって敷き寝具に求められる“体圧分散”と“寝姿勢保持”の機能を高め、快眠をサポートする。昨年12月のリニューアル時から、中間層に新素材の「レフレフォーム」を採用し、クッション性と通気性が向上。加重の高い肩口部分には通気孔「クロスホール」を格子状に配置し、4×4個のブロックを形成することで、それぞれ独立して身体を保持しボディラインにフィットする。スポーティなカラーデザインも特徴で、イエローとピンクの2色で展開する「ベーシック」はしっかり支えながらもソフトな感触、ブルーを基調にした「ハード」は点での支えが強い押圧的な感触で、硬さとカラーが異なる3アイテムを展開する。「airClosetMall」では、シングルサイズを月額4500円(税別)でレンタルでき、購入の場合は、サービスサイト上で購入手続きをするとそのまま買取が可能となっている。 

 「[エアー01]マットレス」は、眠りを深化させる特殊立体波形凹凸構造とのこと。表面の約1200個の点が体圧を分散し、ベース部分が身体をしっかり支える。中間層の新ウレタンフォーム「レフレフォーム」を採用し、クッション性と通気性を向上。圧迫感が緩和され、寝返りもスムーズになるという。肩口部分に「クロスホール」を格子状に配置することで、4×4個の点によるブロックを形成し、それぞれ独立して身体を保持。加重の高い肩部のクッション性を高め、ボディラインにフィットする。36個(シングル36個、セミダブル36個、ダブル52個)の上下に貫通した通気孔「クロスホール」と、中間層の高通気新素材「レフレフォーム」が、縦方向と横方向に通気路をつくり、湿気や汗の拡散を促進。睡眠中の接触面の不快感を軽減する。「[エアー]シリーズ」最軽量で、収納時や手入れの際の持ち運びがラクに行える。

[利用料金]
月額レンタル料金:4500円(税別)
 ※送料無料、商品購入時にレンタル料金を一部還元、1ヶ月毎にレンタル契約を更新、レンタル時の補償、
通常販売価格:4万円(税別)

西川=https://www.nishikawa1566.com/


このページの先頭へ