睡眠・リラクゼーション

西川とパナソニック、よりよい睡眠環境を提供する「快眠環境サポートサービス」を共同開発

2019.12.10 19:55 更新

 西川とパナソニックは、西川のマットレスとパナソニックの家電を連携させ、睡眠の結果を可視化、一人ひとりにあったアドバイスで、よりよい睡眠環境を提供する「快眠環境サポートサービス」を共同開発し、来年3月18日から、パナソニックがサービスの提供を開始する。

 近年、「働き方改革」や「休み方改革」の広まりもあり、休憩・休息の重要性が注目されている。現在では、様々な意識改革によって「十分な休息・睡眠は、仕事や勉学のパフォーマンスアップに必要である」という意識が広がりつつあるという(西川睡眠白書2019~日本人の睡眠調査~)。

 同サービスは、睡眠科学やライフサイエンスの視点から寝具を開発し眠りの知見を有する西川と、寝室環境において重要な要素である温度、照明の機器ネットワーク制御技術や音響の知見を有するパナソニックとの両社で、よりよい睡眠環境の提供を目指し開発を進めた。

 同サービスは、新たに開発したスマートフォン用のアプリを介して、西川のマットレスに搭載したセンサーで睡眠データを計測し、そのデータに基づいたパナソニックのエアコンによる寝室の温度・風向・風量制御や照明器具によるあかりの自動調整を行うとのこと。さらに、睡眠の結果を可視化、睡眠のスコアやアンケートを基に、一人ひとりにあった睡眠のアドバイスや、個人の眠りにあわせた睡眠環境を提供する。

 同サービスは、パナソニックが新設するECサイト「くらしサービスストア」で提供し、専用のアプリと西川のセンサー搭載マットレス「エアーコネクテッド」SIマットレス、アプリに対応したパナソニックの家電で構成する。西川のマットレス「エアーコネクテッド」SIマットレスは西川の一部店舗と公式オンラインショップ、パナソニックのECサイト「くらしサービスストア」で販売する。マットレスや対応家電の代金に加えて、サービスの利用料として月額990円(税込)が必要となる。

 「快眠環境サポートサービス」によって、一人ひとりにあった睡眠環境ソリューションを提供していく考え。

西川=https://www.nishikawasangyo.co.jp/
パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ