睡眠・リラクゼーション

リーモ・トロージェン、「マジックフレグランス」から8種類のオイルをブレンドした昼用・夜用アロマ「Wake Up & Sleep」を発売

2019.11.07 15:03 更新

 リーモ・トロージェンは、フレグランスブランド「マジックフレグランス」から8種類オイルをブレンドした贅沢な昼用・夜用アロマブレンドオイルを、11月6日から発売した。販路はマジックフレグランスオンラインショップとなる。

 朝と夜それぞれの香りを嗅ぐと、朝は交感神経を刺激し、夜は副交感神経を優位にすることで、朝と夜のメリハリをつき、認知機能の改善効果についても近年注目されている(出典/日本アロマ環境協会 認知症に対するアロマテラピーの有用性)。精油はブレンドすればするほど複雑味のある良い香りになり、相乗効果が期待されるといわれている。

 昼用の「Wake Up 」アロマは、脳内の老化を防ぐといわれている成分(アセチルコリンステラーゼ阻害剤)が含まれている精油を中心にブレンドしているとのこと。家庭の医学でも紹介された、ローズマリーとレモンの配合の他、頭をスッキリさせる精油を配合した。午前中2時間、使用することをおすすめしている。クローブやカルダモンなどのほんのり薫るスパイスの香りが特徴とのこと。

 夜用の「Sleep」アロマは、催眠作用のあるラベンダーを中心とし、甘く優しい、イランイランとマージョラム、ホーウッドの香りが心身をほっと緩ませる。また、心地よい柑橘系のオレンジとベルガモットの香りと、落ち着いたシダーウッドの木の香りが、心のバランスを取り戻し、焦燥感や不安を和らげ、深い眠りを促す。就寝1時間前から2時間ほど、芳香させてほしいとのこと。

 アロマテラピーとは植物の花や葉、果皮、種子、樹皮などから抽出した精油(芳香物質)を使って、心身の健康や病気の予防などに古くから行われてきた自然療法の一つで、そのホリスティック(全体的)なアプローチから、近年ますます注目を集めている。シンプルな成分にこだわって、人工香料などの科学的な成分は使用していないため精油本来の香りを楽しめるという。

[小売価格]
Wake Up aroma(昼用):1500円
Sleep aroma (夜用):1500円
Wake Up & Sleep aroma 2本セット:2940円
(すべて税別)
[発売日]11月6日(水)

リーモ・トロージェン=https://www.rimo-trogen.com


このページの先頭へ