睡眠・リラクゼーション

Koala Sleep Japan、「コアラ・マットレス」搭載の車で極上の昼寝を届ける「ぐぅ~す CAR お昼寝デリバリー」を企業向けに提供開始

2019.09.03 12:59 更新

 寝具業界の革命を目指すスリープテックカンパニーのKoala Sleep Japanは、コアラ・マットレスを搭載した車で極上のお昼寝を提供する「ぐぅ~す CAR お昼寝デリバリー」を9月3日の「睡眠の日」に開始する。また、9月22日には、一般の人にも体験してもらえる特別公開日を実施する。

 コアラ・マットレスは、低反発・高反発素材を組み合わせた2層構造によって、やわらかい上層は体のカーブにフィットし、硬めの下層は腰が沈まない絶妙な寝心地を実現した。カラダに負担をかけずに朝までぐっすり眠れるため、利用者からは睡眠満足度および疲労回復度において効果を実感してもらい、好評を得ているという。

 そして、今回、コアラ・マットレスを搭載し、完全遮音性、空調などに配慮するなど、くつろぎ・癒しにこだわった車内で昼寝・休息をしてもらうサービス「ぐぅ~す CAR お昼寝デリバリー」を9月3日「睡眠の日」から企業向けに無料提供する。パートナー企業として、Dream Drive(車製作)、ボーズ(イヤホン提供)、SINGLE O JAPAN(休み前のコーヒー提供)、イノセントジャパン(目覚めスムージー提供)、IKEUCHIORGANIC(オーガニックコットンのタオルケット提供)、アットアロマ(ユーカリの香りのアロマ提供)に参画してもらい、日本初となる車で極上の昼寝を届ける。

 忙しく寝不足になりがちなビジネスパーソンを皮切りに、今後一般向けにもサービスを展開し日本の深刻な「睡眠不足」「睡眠負債」の解消を目指す。すでに、WeWork Japan、IKEUCHI ORGANICをはじめとする7社から取り組みに賛同してもらい、導入が決定しているとのこと。今後も導入を希望する企業を募集する。

 導入企業に車「ぐぅ~す CAR」を設置し、社員の人々には15~20分ほど(昼寝の時間を15~20分ほど取ってもらえるように1コマを30分~45分(入れ替え時間含む)で設定し、事前予約制となる)の昼寝を取ってもらう。昼寝後すっきり目覚めてもらうために睡眠前にアイスコーヒー、起床時にさわやかな寝起きを演出するためスムージーを提供し、深い睡眠アイマスクやおしぼりのサービス、アロマや観葉植物などの癒しや過ごしやすさを追求した車内空間で極上の昼寝体験を提供する。

 なお、実際のルールは導入先企業によって異なる場合があるとのこと。米国立睡眠財団によると、日中の20分ほどの瞑想や昼寝は、注意力の改善、パフォーマンス・気分の向上の効果が見込めるという。

 今回提供する「ぐぅ~す CAR お昼寝デリバリー」は、コアラ・マットレスを搭載し、完全遮音性、空調などに配慮するなど、くつろぎ・癒しにこだわった車内で昼寝・休息をしてもらうサービスとなっている。導入企業に車「ぐぅ~す CAR」を設置し社員の人々は事前に予約を入れ、15~20分ほど昼寝を取ることができる。

 車内サービスについては、アイスコーヒーに含まれるカフェインには目覚めを良くする効果があるため、就寝前にオーストラリア産のコーヒーを提供する。また、イノセントの「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「ゴージャスグリーン」3種のスムージーを用意した。日中のメイク崩れを気にせず使えるアイマスクも貸し出すとのこと。暑い季節のいま、おやすみまえにおしぼりですっきりしてもらえるという。さらに、ノイズマスキングイヤホンで、雑音・騒音をカットし、質の高い睡眠を提供する。車内環境は、冷房空調を完備し蒸し暑さから解放。換気ファンによって、こもりがちな空気もしっかり入れ替える。そして、リフレッシュ効果のあるユーカリで癒しを演出する。

 9月22日限定で一般の人向けに体験会を実施する。当日は、実際に企業で導入されている「ぐぅ~す CAR」で昼寝を取ってもらえるとのこと。まだまだ暑さが続き、寝苦しい夜を過ごしている人には、必見とのこと。ぜひ気軽に立ち寄ってほしいという。

[一般体験会実施概要]
日時:9月22日(日)
場所:東京都渋谷区恵比寿南1-20-9 さくらビル 恵比寿南
アクセス:JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩5分
内容:「ぐぅ~す CAR お昼寝デリバリー」体験

コアラ・マットレス=http://bit.ly/JP-Koala-nap-van


このページの先頭へ