睡眠・リラクゼーション

西川、お昼寝専用ピロー「konemuri」から接触冷感素材の「海のいきものシリーズ」を発売

2019.05.08 17:22 更新

 西川は、シーンに合わせたお昼寝専用ピロー「konemuri(こねむり)」を展開し、好評を得ているという。今回、涼しい接触冷感素材を使用した海のいきものシリーズが新登場し、5月中旬から全国の百貨店、寝具専門店で発売する。

 日中、眠くなる時間帯に「お昼寝」をすることは、身体のリズム(体内時計)に合わせた自然な行為だとか。約15分程のお昼寝は、疲労回復、ストレス軽減、集中力アップ、記憶力アップ、仕事効率アップなど様々な効果が期待でき、企業や学校などで注目されている。「konemuri」は、「ただお昼寝するだけでなく、自分に合ったまくらを使うことでお昼寝時の環境を整えたい」という想いから開発したお昼寝専用ピローとなっている。座ってお昼寝をする時に、抱きかかえたり頭や首を支えたりと、リラックスしやすいお好みの姿勢で眠ることができるとのこと。

 今年春夏シーズンは、見た目の可愛さだけでなく、機能性もアップした夏仕様の海のいきものシリーズが新登場。タツノオトシゴ、クラゲ、ヒトデ、イルカをモチーフにした全4種類を展開する。ひんやりと心地よい接触冷感素材を使用し、手持ちの保冷剤やアラーム用のスマートフォンが入るマルチポケット付きで、オフィスや自宅のリビングでの快適なお昼寝をサポートするという。

 正しいお昼寝方法とは?、15分程度が理想(最大30分まで)とのこと。長すぎるお昼寝は、深い眠りに入り、起きるのが辛くなるという。夜の主睡眠にも影響するとのこと。15時までに実施がベストだとか。遅すぎる時刻のお昼寝も、夜の主睡眠に影響が出てしまうという。お昼寝におすすめな姿勢は「座位(すわる)」だとか。横になって眠ると深い睡眠に入ってしまう可能性があるという。15分程度で目覚めるためには座った状態でのお昼寝がおすすめとなっている。

[小売価格]各3800円(税別)
[発売日]5月中旬

西川=https://www.nishikawasangyo.co.jp/


このページの先頭へ