睡眠・リラクゼーション

ネスレ日本、「都市型観光」「健康」をテーマにコーヒーを活用したまちづくりを推進する「コーヒーウエルネスプロジェクト」をスタート

2019.03.07 11:45 更新

 NPOまちづくり大井は、ネスレ日本(以下、ネスレ)と協働で、都市型観光と健康をテーマに、コーヒーを活用して魅力的な街づくりを目指す「コーヒーウエルネスプロジェクト」をスタートする。

 品川区の中心街区である大井町において、大井町駅周辺地区のまちづくりを担うNPOまちづくり大井は、品川区が掲げる「都市型観光プラン」や「しながわ健康プラン 21」に基づき、大井町駅周辺地域のさらなる発展を目指した「ウエルネスをテーマとしたまちづくり企画」を立ち上げる。

 その一環として、ネスレと協働でスタートする「コーヒーウエルネスプロジェクト」では、コーヒーを活用し、「繰り返し訪れて楽しいまちづくり」を推進する取り組みや、大井町の住民・大井町への来訪者の健康に焦点を当てた取り組みを行っていく考え。

 ネスレは、日本人の「睡眠不足」の問題解決の一助となるライフスタイルを提案することを目的に「ネスカフェ 睡眠カフェ」フラッグシップ店舗の常時営業を大井町で開始する。これまでに3回期間限定でオープンし、大きな話題となった「ネスカフェ 睡眠カフェ」は、地域住民の人だけではなく、ビジネスパーソンや観光客など、地域外の人にも利用される大井町の新たな観光スポットとして、大井町への来訪者を増やす場としていくことを目指す考え。

 また、フラッグシップ店舗に加え、「ネスカフェ 睡眠カフェ」が提供するコーヒーナップを体験できるサテライト店舗を、大井町の飲食店・企業・施設と連携し、今後順次オープンする。日中に理想的な仮眠をとってもらえる場を大井町の様々な場所に設けることで、質の高い仮眠体験による健康的なライフスタイルを提案する。

 大井町のカフェや飲食店と連携し、各店自慢のコーヒーを地域住民や地域外の人に味わってもらうコーヒー試飲イベントを開催する。イベント終了後にイベント参加店舗で利用できる特典やキャンペーンも準備することで、地域住民・地域外の人による、大井町のカフェ・飲食店の利用促進を目指すとともに、健康的な生活をサポートする上でネスレが推奨する「1日3杯のコーヒー習慣」を取り入れるライフスタイルを提案する。

ネスレ日本=http://www.nestle.co.jp


このページの先頭へ