睡眠・リラクゼーション

セイコークロック、大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズの30周年記念モデルを生産数量限定で発売

2018.10.12 21:19 更新

 セイコークロックは、大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズの発売30周年記念モデル3機種(生産数量 各3000個)を10月31日から販売する。

 「寝ボスケヤングの強い味方」として1988年に誕生。以来、大音量目ざましのトップブランドとして多くの人々に支持されている「ライデン」の30周記念モデルとのこと。鮮やかなブルーグリーンのテーマカラーとハニカム(六角形)パターンの組合せで近未来感を演出した。

 「ライデン」シリーズは、1988年の初代モデル発売を皮切りに、電子音アラームが販売数量を伸ばす中でベルアラームにこだわった数々の商品を展開してきた。2001年「人生にはゼッタイ寝坊できない朝がくる」のキャッチフレーズで発売した、超大型ベルを左右に搭載した「スーパーライデン」(電車が通るガード下の音(約100デシベル)を上回る音圧)が大ヒット、その地位を不動のものとした。スーパーライデンは2015年に日本国内向けの出荷台数が100万台を突破している。最近も、ベル音に「合成音」を加えることで更なる大迫力アラーム音を追求した「ウルトラライデン」を発売するなど、多彩なラインアップで目ざまし時計市場をけん引している。

[発売日]10月31日(水)

セイコークロック=https://www.seiko-clock.co.jp/


このページの先頭へ