睡眠・リラクゼーション

フランスベッド、アクティブシニアの声を反映した持ち運び可能な軽量クッション「スリープバンテージ エアパッド」を発売

2018.05.15 11:36 更新

 フランスベッドは、座り心地を調節できる軽量クッション「スリープバンテージ エアパッド」を、5月15日から発売する。

 「スリープバンテージ エアパッド」は、趣味や外出を十分に楽しみたい人向けの軽量クッションとのこと。エアクッションが内蔵されており、お好みに合わせて空気量を調節できるという。調節用のバルブはクッションの側面にあるため、座りながらの調整も可能だとか。バルブを開くと自然に空気が充填されるので自分で吹き込む必要がないという。また、空気を抜いて折りたたむことができるため、旅行やちょっとした外出時の持ち運びにも最適となっている。

 アクティブシニア向け商品の開発に力をいれているフランスベッドでは、年齢を重ねると共に「座った時にお尻に痛みを感じやすくなる」という消費者の声が多数寄せられており、このような悩みを解消するための商品として「スリープバンテージ エアパッド」を開発したという。家の中でテレビを見ている時、野外のベンチやプラスチック製のイスなどの硬い場所に座る時、移動などで長時間座る必要がある場合など、室内外の様々なシチュエーションで体にかかる負担の軽減が期待できる。

[小売価格]3218円(税込)
[発売日]5月15日(火)

フランスベッド=http://www.francebed.co.jp


このページの先頭へ