睡眠・リラクゼーション

凸版印刷、睡眠状態をリアルタイムで解析できる「SensingWave 介護見守りシステム」を販売

2018.03.28 18:09 更新

 凸版印刷は、シート型生体センサーによって心拍・呼吸データなどを取得し、リアルタイムに睡眠状態を解析できる見守りサービス「SensingWave(センシングウェーブ)介護見守りシステム」を介護業界向けに4月から販売を開始する。

 同サービスは、ベッドマットレスの下などに設置するシート型生体センサーで利用者の心拍や呼吸などの生体信号を非接触で取得し、睡眠状態をリアルタイムに解析するもの。山形大学工学部応用生命システム工学科の新関久一教授の協力のもと開発した独自のアルゴリズムを用いて生体信号を解析することで、覚醒や就寝、寝返りの有無など睡眠状態の把握が可能となっている。また、複数人の睡眠状態や入床・離床の「見える化」が可能なため、同サービスを導入することによって、職員は介護対象者の就寝時間中に適切なタイミングでの声掛けができたり、離床時などにはモバイル端末で通知を受けられるなど、介護負担の軽減や業務効率の改善が期待できる。

 なお同サービスは、社会福祉法人ときわ会(所在地:宮崎県小林市)が運営する介護福祉施設「有料老人ホーム ソレイユの丘」と、長崎県小値賀町での独居高齢者見守りサービスとして採用、4月から運用が開始される予定となっている。

 超高齢化が進み介護サービスの整備・充実が求められる中、介護現場における介護従事者の負荷軽減が大きな課題となっている。そのような状況において、生活行動として不可欠な要素である「睡眠」の状態把握や解析への取り組みが求められている。

 従来、睡眠状態を計測するセンサーとしては身体装着型の製品はあったが、睡眠中に外れてしまったり、煩わしく感じてしまったりといった課題があり、また睡眠状態を高精度にリアルタイムで取得できる機能が求められていた。

 凸版印刷は今回、シート型生体センサーによって利用者が装着することなく、睡眠状態をリアルタイムに取得・解析し、データをクラウド上で管理する見守りサービス「SensingWave 介護見守りシステム」を開発。複数人の睡眠状態や入床・離床の「見える化」を実現した。

 同サービスの特長としては、複数人の睡眠状態や入床・離床の「見える化」が可能なため、就寝時間中の適切なタイミングでの声掛けができたり、離床時などにモバイル端末で通知を受けられるなど、介護負担の軽減や業務効率の改善が期待できるという。

 山形大学・新関教授の協力により開発した独自のアルゴリズムによって、心拍・呼吸データをもとに生体信号を解析することで、覚醒や就寝、寝返りの有無など睡眠状態の把握が可能とのこと。

 利用者の睡眠状態をリアルタイムに把握できるため、施設スタッフが適切なタイミングでサポートできるだけでなく、クラウド上に集積された睡眠データによって日々の睡眠の質を確認、活用できる。

 利用者の生体信号を電気信号として取得できるセンサーのため、利用者が装着することなく生体情報が入手できるとのこと。また、薄いシート形状のため、設置のための特別な施工が不要となっている。

 凸版印刷は同サービスを拡販、今年に関連受注を含めて約5億円の売上を目指す考え。また今後もシート型生体センサーの用途開発を進め、宿泊施設やエンターテインメント業界向けにも展開していく予定だ。

凸版印刷=http://www.toppan.co.jp


このページの先頭へ