睡眠・リラクゼーション

セイコークロック、大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズからテンポが徐々に速くなるアラーム音を搭載した製品2モデルを販売

2017.11.27 14:16 更新

 セイコークロックは、大音量目ざまし時計「ライデン」シリーズから、テンポが徐々に速くなる新しいアラーム音を搭載した新製品2モデルを12月8日から販売する。

 今回搭載したアラーム音は、「いきなり大きい音で起こされるのは苦手。でも寝坊はしたくない」という人へ向けた朝の強い味方となっている。鳴り始めはゆっくりとしたテンポで、その後3段階でテンポが速くなり、最後は「ライデン」シリーズの特長である大迫力の連続ベル音でしっかり起こす(鳴り始めから約14秒で連続ベル音になる)。

 大音量の象徴ともいえる左右の大型ベルをカバーで覆い、よりスタイリッシュなフォルムに仕上げた。黒やグレーを基調としたボディに蛍光カラーの差し色を効かせたスポーティなカラーリングも魅力となっている。

 2段階の音量切替、なめらかな動きの連続秒針(スイープ秒針)、止めてもまた鳴るスヌーズ、ライトつきと機能も満載とのこと。また、アラームが鳴りだしてから約5分間で自動的に止まるアラームオートストップ機能つきなので鳴りっぱなしの心配もないという。

 大音量目ざまし時計「ライデン」は、多くの消費者に支持され来年で30周年を迎える。これからも眠い朝の強力なサポーターとして魅力ある商品を提供していく考え。

[小売価格]各5000円(税別)
[発売日]12月8日(金)

セイコークロック=http://www.seiko-clock.co.jp


このページの先頭へ