睡眠・リラクゼーション

ワコール、ナイトウェアブランド「睡眠科学」からふわふわの新触感パジャマ「ふわごころ」を発売

2017.02.02 16:17 更新

 ワコールは、睡眠時のからだの特性研究を取り入れながら、ワコールならではの視点でここちよい眠りを考えたナイトウェアブランド「睡眠科学」から、肌へのここちよさにこだわった、しっとりなめらかでふわふわの新触感パジャマ「ふわごころ」を発売する。

 「ふわごころ」は、他の綿花に比べて天然油脂分が多く、独特のしなやかさを持つインド綿の超長綿“ラムコ”を甘撚りにして、ソフトな風合いに仕上げた糸を使用している。また、季節や気候、好みによって選べるよう2タイプの素材を用意。編み上げた素材を二重合わせに縫製することでよりふんわりとした感触の“ラムコスムース”(2品番)と、少し厚みをおさえた柔らかい肌触りの“ラムコ接結天竺”(3品番)の計5品番で展開する。アイテムは、パジャマとネグリジェで、パジャマはレディスとメンズで展開する。2月上旬から全国の百貨店ナイトウェア売場、専門店、ワコールウェブストアで順次発売する。

 最近のナイトウェア市場は、家の中でリラックスする際に着用するルームウェアが注目されるなど、多様化しながら幅広い年齢層に向けた商品が展開され、ラインアップの広がりを見せている。ボディファッションのトレンドと同様に、「快適」「健康」などの志向の高まりを受け、それらをコンセプトに打ち出すパジャマブランドが増加しており、また、ルームウェアもさまざまなメーカーから展開されている。そのような市場環境の中、睡眠市場の衣料品分野での新規需要開拓を図るべく、「触感」の良さを訴求する高品質の商品開発を目的に、「ふわごころ」の開発に至った。

 「睡眠科学」は、ワコール人間科学研究所の眠っている間のからだの特性研究をもとに“動きのここちよさ”“温度のここちよさ”“肌へのここちよさ”の3つの“ここちよさ”を形にし、“眠りここちにこだわるパジャマ”をブランドコンセプトとして、2004年から展開してきた。今年春夏シーズンは、パジャマ・「ナイトアップブラ」・ナイトキャップ・「ねはだ着」など、“眠りここち”にこだわった充実したラインアップで展開する。

[小売価格]1万3000円~2万円(税別)
[発売日]2月上旬

ワコール=http://www.wacoal.jp/


このページの先頭へ