睡眠・リラクゼーション

オムロン ヘルスケア、ねむり時間計「HSL-003T」を発売、おやすみ前の「呼吸トレーニング」がスムーズな寝つきをサポート

2016.05.27 15:43 更新

 オムロン ヘルスケアは、ねむり時間計「HSL-003T」を5月26日から発売した。オムロン式美人では、日頃の疲れからくる睡眠不足や寝つきの悪さを感じる働く女性へ、5月26日発売の、より良い眠りをサポートする「ねむり時間計」を提案するという。

 慢性的な睡眠不足で日中もなんだか体がだるい・・・、夜なかなか寝つけない・・・など、全就労人口の約7割が寝不足による不調について(厚生労働省 平成9年 労働者健康状況調査から)、約5割が寝つきについての悩みを抱えている(2011年「生活者の眠りについてのアンケート」(無印良品 くらしの良品研究所/オムロン ヘルスケア 共同実施))。特に、近年は働く女性の約9割が日頃から疲労を感じていて、その主な原因として約6割が「睡眠不足」と回答している(2012年 ナガセ ビューティケァ調べ)。また、寝つきについての調査では30代女性の約5割が寝つきの悪さを感じているという結果が出ている(2013年 オムロン ヘルスケア調査から)。

 スムーズな寝つきは、体がリラックス状態にある副交感神経を優位にすることで促される。そこでオムロン ヘルスケアから新発売するねむり時間計「HSL-003T」では、連動して使用するスマートフォン用アプリ「ねむり時間計」に搭載したヨガインストラクターの椎名慶子氏に監修してもらった呼吸法「呼吸トレーニング」メニューが、副交感神経を優位の状態にし、よりスムーズな寝つきをサポートするという。その他、体動を検知して起きやすいタイミングでアラームを鳴らす「スッキリアラーム」機能や、「朝寝坊型」「夜更かし型」など眠りの特徴を9種類の動物に例えて判定し、眠りの傾向や変化を簡単に把握できる機能など、より良い眠りを追求するための機能が充実している。

 オムロン式美人とは、女性の社会進出、結婚・出産といったライフスタイルの変化や価値観の多様化に加え、月経や更年期など女性特有の体の変化という条件の両面に対応しつつ、「健康で美しくありたい」という女性たちの思いをサポートするために、立ち上げたのが「オムロン式美人プロジェクト」。「ちょうどいい」をコンセプトに、一人ひとりが自分にあったペースで健やかで美しい毎日を過ごすことができるような商品・サービスの開発に取り組んでいくという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]5月26日(木)

オムロン ヘルスケア=http://www.healthcare.omron.co.jp/


このページの先頭へ