睡眠・リラクゼーション

ベネクス、首回りを覆い疲労回復や安眠へと導く「2WAYコンフォート ライト」を販売

2015.05.19 10:15 更新

 休養・睡眠時専用のリカバリー(疲労回復)ウエアを開発・販売するベネクスは、ナノプラチナなど鉱物を練り込んだ独自開発の繊維素材を使い、首回りを覆い、疲労回復や安眠へと導く新商品「2WAY(ウェイ)コンフォート ライト」を、5月12日から、全国の百貨店やスポーツ用品店やホームページで販売を開始した。

 頭からかぶり首回りを覆うタイプの新商品は、スマートフォンやパソコンの長時間使用などで溜まる首回りの疲労回復を促す商品となっている。首の頸部は内臓や血管をコントロールする自律神経(副交感神経と交感神経)が集中している。生地に練り込んだナノプラチナなどが発する微弱な電磁波が、リラックス状態にオンとなる副交感神経へ働きかけ、首回りの筋肉をほぐして、血流を促す。筋肉がほぐれるので、首コリ・肩コリなどにも効果的だとか。

 またスマートフォンやパソコンのブルーライトは、体や脳が活発に動いている時に働く交感神経を優位にするため、眠りが浅くなるなど睡眠障害を引き起こす原因といわれている。新商品を寝る際の寝間着の一つとして身に着けると、リラックス状態に働く副交感神経を優位にするため、安眠へと導くという。

 「2WAYコンフォート ライト」は、昨年9月に発売し半年で1万枚を突破した同社最大のヒット商品「2WAYコンフォート」の生地(素材)を、夏仕様にした商品となっている。ポリエステル系からメッシュ素材の生地にすることで、従来品(ポリエステル系)に比べ通気性を11%以上、吸収性を3倍以上も向上させた。また、吸水した水分を生地表面へ拡散させて乾かす吸水拡散性も10%以上、アップさせている。

 従来品は「就寝時に着けるとぐっすりと眠れる、眠りが深くなる」「翌朝の目覚めが良い」などと好評で、夏場の寝汗に対応したのが同商品だとか。就寝時はもちろん、家でくつろぐ際にもおすすめとなっている。

 従来品の「2WAYコンフォート」は、これまで同社が展開してきた運動後の疲労回復を促すリカバリーウエアから舵を切る、オフィスワーカーの慢性疲労に着目した第一弾商品だった。アスリートでなく慢性疲労のビジネスパーソンや不定愁訴の主婦らに支持され、年間販売目標数1万枚を2倍のペースで上回り、半年で1万枚を突破したという。新商品「同 ライト」も、伸縮性の高い生地を採用しているため、頭からすっぽりと被ることができ、着用時に髪の毛や化粧が乱れる心配もないという。縦幅を26センチと長めにとっているため顔全体を覆うこともできる。着用しながら椅子でゆったりとくつろぐと、睡眠を促すので、「職場でのお昼寝」にも最適だ。厚生労働省が昨年3月に改定した「睡眠指針」で、仕事中の眠気には「20分ほどの昼寝が効果的」と発表したこともあり、昼寝を推奨する企業も増えており、そうした利用にも使えるという。

[小売価格]3888円(税込)
[発売日]5月12日(火)

ベネクス=http://www.venex-j.co.jp/


このページの先頭へ