睡眠・リラクゼーション

ビーズ、「BIBI LAB」から表紙が膨らんで枕になる昼寝専用ノート「まくらノート MR1-21」を発売

2015.03.12 10:25 更新

 ビーズは、同社アイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」から、表紙が膨らんで枕になるノート「まくらノート MR1-21」を発売し、机での仮眠や昼寝をより快適なものにできるよう応援する。

 「まくらノート」は、机上での仮眠用に設計された枕です。厚み1cmのリングノートは一見すると普通のノートだが、表紙にある空気注入口から空気を入れれば、表紙が枕に早変わり。表紙にはベロア調の生地を採用し、見た目にも配慮した。枕として使用する際もふわふわで優しい使い心地となっている。空気の注入具合も好みで変更できるため、より上質な仮眠を追求することができる。

 厚生労働省が昨年発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」において、「午後の眠気による仕事の問題を改善するには、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的」と言及され、発表以来昼寝が注目されてきた。積極的に昼寝のための時間やスペースを設ける学校や企業なども増加傾向にあり、「昼寝=悪」という固定観念が覆されようとしている。同社でも独自に調査したところ、多くの人が自分自身の席(デスク・机を使用)で昼寝や仮眠をしていることが判明。その際に発生する「枕代わりにした腕がしびれる」「顔に跡が付く」などの困りごとも同時に抽出した。これらの困りごとを、デスクでの使用頻度の高い文房具で解決できればと考え、「まくらノート」の開発に着手したという。

[小売価格]1300円(税別)

ビーズ=http://www.be-s.co.jp/


このページの先頭へ